ブログトップ

color's diary

cafecocon.exblog.jp

鶴田安芸子さんの花瓶


今日は鶴田安芸子さんのガラスの花瓶にお花を生けようと経堂のお花屋さん、Oak-Leafに行ってきました。
まずは花瓶の写真をお見せして、地中海を感じるようなスカッと弾けるような感じにしたい・・・とイメージをお伝えしました。
でもこの花瓶、作品だけみると宇宙か海中にいる不思議な物体のようで、それだけで存在感がありすぎる。
それでいて日本的な雰囲気もあるので、地中海とは程遠いい感じ。
どんなお花を生けていいのかわからない、お花屋さんも悩ませる難しい花瓶。
2人でう~んう~んとうなること数分。
地中海風は断念し、やさしいジョウザン紫陽花でチャレンジしてみることにしました。
帰って早速生けてみると・・・
f0180433_2254913.jpg

思っていたよりずっと、その花瓶自体の主張が消えて、さりげなくお花と調和するんですね。
花瓶の首の部分がふわりと花のように広がっているために、それを生かしたほうがいいのではと考えてしまいましたが、あんまり考えすぎずに生けるのがよいみたい。
まるでガラスのラッピングをしたブーケのようです。
鶴田さんのガラスは器もそうですが、もちろん計算してはいるけれど、作為的でない感じが好感が持てるのです。
f0180433_229493.jpg

使ってみるとどんなお料理にも調和するんですよ。
この自然なフォルムが色々な物を包み込んでくれるのかも知れません。
7月10日から18日の「color of Mediterranean~彩色皿とグラス展・Spark!」では鶴田安芸子さんの定番作品とこの今年の新作が色々登場します。風鈴も素敵です。
ぜひ遊びにいらしてください。
[PR]
by cafecocon | 2011-07-08 22:09 | 展示会
<< Color of Medite... 展示会準備 >>