ブログトップ

color's diary

cafecocon.exblog.jp

<   2012年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Atelier couleurの仕事・・・ハプニング~


今、Atelier Couleur染色デザイン工房では、3月29日から鎌倉で始まる個展の作品制作と、3月末に納品予定のアートワーク制作で大忙しです。
ところが一昨日の日曜日の晩からハプニングが起きて仕事の流れが止まってしましました。
月曜日に1週間かけて柄付けした布の地色を入れて仕上げる作業をする予定で1.6kgの色糊を作りました。
これは2月20日に作った色、直接染料シリアスのバイオレットとブルーの混色と全く同じ調合。なのに全く違う色、今までに出たこととのない茶色味がかった紫色になってしまったのです。
f0180433_17301965.jpg

奥の2つが問題の色。手前はいつもの色。

この染料は24年間使い続けていた染料で、慣れ親しんでいたマイカラー青味の紫でもあります。
もちろん今までにも様々な失敗を繰り返してきましたが、今回のようにいつも大丈夫だったものが突然に全く違う色に変化してしまうというのはおかしい・・・
3回作って試染をとっても結果は変わらず。
販売先さん、貿易会社さん、お付き合いのある染色工場の職人さんに色々お話を伺って、原因調査。
やっぱりその道のプロの方の対応は真摯で誠実・・・感謝です。
今まで知らなかったことが沢山、とても勉強になりました。
しかしながら、その直接の原因というのは解りません。
それはその染料自体が酸化によって変色するということはまずあり得ない。今までに事例がないということだからです。
今までにないこの変化に対して、次の仕事へと持続させるために明るい希望を見つけなくては進めません。

伺った情報を基に、染料の変化と水道水の塩素の変化が絶妙に組み合わさったことが原因しているのではないか・・・と思えてきました。
先ずは①ブリタの浄水を使用し、②バイオレットの染料に含まれているという飛散防止剤(塊になることがある)を茶漉しでふるって、塊の部分を取り覗き、③混色して助剤とお湯を入れて染液にしたものを更に布濾しし、④煮詰めすぎず75℃程度に熱してみました。
すると、いつも通りの紫色になりました!やった!
このバイオレットはもう製造中止になっているそうなので、次回からはまた違うメーカーの染料で自分の出したい色を研究しなければなりません。
でも、せめてこの3月いっぱいはこの慣れ親しんできたこのマイカラーを使えそうで助かりました。

そして、この染料問題と格闘している時からずっと痛かった右腕がピークに達しました。
痛くてワインのボトルも持てないし、フライパンもふれない状態に・・・
これでは仕事も尚更できませんが、この染料問題が起こらなければ、間違いなく仕事して更に酷使していました。
問題勃発のお陰で、ふっと空間ができて、整体に行こう…と思いました。
絶対安静!と言われてアイシングした後包帯でぐるぐる巻きにされました。
今日は苦手な針を打っていただいて・・・またまたぐるぐる巻き。
右手をお休みさせてあげることに決めました。
針が入った、包帯ぐるぐる巻きの右腕になって、初めて右腕の大切さを噛みしめています。
私の場合、仕事でも日常生活でも右手を使わないでいることがないくらい使っているんですね~
しかも力が強いから、普通の人の3倍くらいの力で使っているような気がします。
この右手が使えなくなったら・・・と今日ちょっとしんみりと思いました。
お約束している作品たちも作ることが出来なくなる。
左手って手もあるけど、うまくなるまでにはとても時間がかかるでしょうから・・・
今月末の納品は出来なくなってしまう。
わ~~そう考えると、恐ろしい!
問題が起こって、私にとって最も大切な2つの持ち物のことがわかりました。
色とモノを創る者にとって最も大切なもの・・・
改めて、もっともっと大切にしていかなくてはいけない、ということに気づかされました。
天からの声かな?
ご相談に乗ってくださったみなさま、励ましてくださったみなさま、ありがとうございました。
f0180433_17433433.jpg

ちょっとブレイク。そして明日からまたガンバリマス!

Couleur Shop Coconは今日・明日、2月28日・29日と臨時休業とさせていただきます。
3月1日からはまた営業いたします!
[PR]
by cafecocon | 2012-02-28 17:51 | Atelier Couleur

春のしつらえ・お雛様


今日は13度、陽射しもうららかで春はもうすぐと感じさせてくれます。
でも・・・明日はまた雪という噂が・・・温度差が激しいのも冬から春へ移り変わる時季特有のものですね。
この温度変化に負けないように、体の中をいつも温かくして、免疫力をUPさせるような食事などで乗り越えたいと思います。
手染めの布と器・Giftの店Couleur Shop Coconも春に向けて少しだけ模様替えをしました。
お雛様もしつらえて・・・
f0180433_1239508.jpg

みかわ工房・藤原了児氏作のお雛様。
Atelier couleurの麻のコースターsakuraを敷きました。
f0180433_12421178.jpg

因みにこちらはお料理研究家の井上敬子先生のお宅に先日お邪魔した時のお雛様のしつらえです。
やはり藤原氏作。
下にはAtelier Couleurのシルクオーガンジー二重スカーフ(梅文様の和刺繍入り)と麻のコースターを使ってくださっています。
いつも素敵なしつらえ、参考になります。
f0180433_12415679.jpg

お店には松野章弘さんの磁土と陶土をミックスして制作している白の美しいお皿やカップ、片口やぐい呑み。
半磁器のカリッとモダンでありながら優しいぬくもりのある田中信彦さんの湯飲みやマグ、ポットなど。
空間鋳造・岩清水久生さんの味わい深い鉄瓶や急須など、春の宴に、お料理やお酒を美味しく演出する器たちが出番を待ちかまえています。
f0180433_12572683.jpg
f0180433_1257478.jpg

こちらの松野さんの四角い大皿と取り皿はちらし寿司を盛りたい・・・
山菜の天ぷらとか春野菜の炊き合わせなどもいいですね。創造力が膨らみます。
f0180433_1257571.jpg

ぜひ、遊びにいらしてください。

Couleur Shop Cocon...every tue.~fri. 12:00~19:00 open
3月、4月は鎌倉ギャラリーミンネで個展のため、3.27(tue)~4.10(tue)までお休みとなります。
よろしくお願いいたします。
[PR]
by cafecocon | 2012-02-24 13:06 | 季節のしつらえ

佐藤律子染布展 The flowering time


2012.3.29~4.9 鎌倉のギャラリーminneさんにて個展、佐藤律子染布展を開催いたします。
鎌倉での展示会は初めてですが、鎌倉は好きな場所なので、チャンスをいただけてとても嬉しいです。
しかも、ちょうど桜の開花時季、これまた楽しみです。
この時季に因んで・・・タイトルは「The flowering time」
開花期という意味ですが、冬から春へ・・・生物が目を覚まし、植物が芽吹き、花咲き始めるこの時季。
優しい春の陽射しとゆたゆたとそよぐ風の中に、ほのかな希望の光を見つけて、心がポジティブに羽ばたきたくなるこの時季を、楽しい色彩や草花のモチーフの作品に表現したいと思っています。
色とりどりの草花をギャラリーいっぱいに咲かせたい、そんな気持ちで毎日制作しています。
気分はもう春!です。
f0180433_21321781.jpg

渋紙の型は15枚彫りました。
f0180433_2132311.jpg

筒描きや型染めにより柄を施します。
f0180433_2133635.jpg

f0180433_21331826.jpg

色糊は全部で16色作りました。
糯子と糠でできた糊に調合した染料を混ぜ合わせて作ります。
f0180433_21333017.jpg

地色の色糊をしごいてから蒸し器で蒸して色を浸透させます。
12色の地色を付けた布が蒸しあがりました。
f0180433_21334369.jpg

もう20年以上のお付き合い、銅製の蒸し器です。
f0180433_21335444.jpg

水洗いして色止め液に漬け、さらに水洗いをして仕上がった布たちです。
f0180433_21342958.jpg
f0180433_21344052.jpg
f0180433_21345284.jpg
f0180433_2135621.jpg
f0180433_21352192.jpg
f0180433_21354263.jpg
f0180433_21355222.jpg

これをパネル張にして展示されます。
まだまだ春の作品、作ります!
[PR]
by cafecocon | 2012-02-22 21:46 | 展示会

アトリエクルール染色教室 2.18


2.18のアトリエクルール染色教室はしごきの日。
新人さんからベテランさん、体験コースに参加の方と5人の生徒さんが各々の作品を仕上げました。
f0180433_21542474.jpg

地色となる色糊を布全体に刷り込み、少し厚みを付けて置いていきます。
この作業を「しごき」といいます。
f0180433_21561432.jpg

こちらもしごいています。
f0180433_21564233.jpg

しごいた布を約50分間蒸し器で蒸します。
これで糊の中に混ぜ込んだ染料が布に浸透します。
f0180433_21574796.jpg

その後水洗い。要らない糊を落とします。
寒い時季は腕までの長い手袋をして、完全防備で挑みます。
f0180433_215933.jpg
f0180433_2159133.jpg

その後、色止め液に約1時間浸けてからまた水洗いをしてよく濯ぎます。
やっと仕上がったのは夕方5時すぎ。
どんどん暗くなっていきました。
f0180433_2213272.jpg

f0180433_2214218.jpg
f0180433_2215123.jpg

夜になると外に干した布はかちんこちんに凍ってしましました。
寒い中、みなさまお疲れさまでした。
今日もそれぞれ個性が光る素敵な作品は出来上がりました。
[PR]
by cafecocon | 2012-02-20 22:05 | 染色教室

ラクレットパーティー!


お料理研究家の井上敬子先生のお宅で、昨日はラクレットパーティにお招きいただきました。
スイスのご友人から頂いたというラクレット用グリルプレートはもう30年以上も使われているそうです。
こちらはランプ式のプレートですが、今では電気式に変わっていて、このタイプはもう手に入らない貴重品だとか。そしてこのお皿もラクレット用。1枚づつ微妙に違う楽しいデザインです。
こちらはご結婚のお祝いにやはりスイスのご友人から頂いたものだそうです。
その土地ならではの機能とカタチ、デザインが素敵で可愛い!楽しさ倍増です。
f0180433_19373984.jpg

f0180433_19381083.jpg
f0180433_19382627.jpg

前菜にドイツのハムやイタリアのプロシュート、ピメントの詰め物、お野菜スティック(with味噌ディップ)など頂いてから・・・ラクレットの始まりです。
f0180433_1941647.jpg

ラクレットのプレートに、オニオンスライス・ラクレットチーズを置いて、数分焼くとチーズがとろ~り溶けてきます。
これをジャガイモにかけて、お好みで胡椒をふって、ほくほく頂きます。
ちょっとお焦げも美味しい。
f0180433_19433715.jpg

生ハム&パイナップル入りの別バージョンも教えてくださって。
これはカレー粉を振っていただくとまた違った味わいで美味しい~~
白ワインが進みます。
今日のワインはアルザスのBiO。
f0180433_19464225.jpg

デザートにはパイナップルにドイツのキルシュをかけたもの。
そして、パリで買っていらしたフルーツの砂糖漬け盛り合わせ。
マンゴー、ピーチ、アプリコット、金柑、オレンジ、しょうが、洋ナシ、プラム、パイナップルetc...
パリのお菓子屋さんのショーウインドウにはこのお菓子が綺麗に並んでいるんですよね。
いつも美味しそう~と眺めていましたが、あまりに甘そ~でもあるので、買ったことはなく、昨日が初体験でした。
どれもちゃ~んと素材の味がして甘~いけれど美味しかったです。
全部お味見させていただいちゃいました。
旅の思い出話をしながら、ほっこり温かな夜を過ごしました。
敬子先生、今日もご馳走様でした!
[PR]
by cafecocon | 2012-02-13 19:54 |

アトリエクルール染色教室 2月4日・11日


アトリエクルール染色教室で捺染の制作をしている生徒さん達のご紹介。
2月4日と11日の両日の模様です。
f0180433_19182352.jpg

Pさんはイキイキとした木や草花のデザインでランチョンマット、ポーチ用の生地などを制作しています。
f0180433_19184719.jpg

木版に初挑戦のTさん。自分で彫ったお花と葉っぱのカタチの木版でペッタンペッタン。
麻のランチョンマットを制作中。
f0180433_19185680.jpg

Nさんはトカゲの柄を型で置いて・・・
次に丸柄を3色置きます。最後はマスキングテープを使ってラインを入れる予定。
f0180433_19192846.jpg

f0180433_19195232.jpg

麻混の生地のストールを制作中のMさんは筒描きした上にタンポンで色を入れています。
高級ブランドに負けない素敵なテキスタイルデザインです。
f0180433_1920382.jpg

Yさんは前回染めた綿ローンのハンカチのデザインを修正し、よりよいデザインを目指して制作しています。
色彩計画も綿密な打ち合わせで、更に希望の色に近づけるよう一緒に研究しています。

来週はしごき日です。
また素敵な作品が沢山仕上がります!
[PR]
by cafecocon | 2012-02-13 19:29 | 染色教室

松野章弘展


作家仲間のひとりである松野章弘さんの個展に行ってきました。
Couleur Shop Coconでも扱わせて頂いている松野さんの磁器。
10年ほど前から愛用しています。
特に磁土に陶土が重ねられた無釉の繊細な作品が好きです。
今回は新たな試みで光との作品を発表されていました。
透けるほど薄いカップに灯りを入れて、零れ出る光がなんとも美しくって心が静まります。
f0180433_18303619.jpg

奥さまの森田節子さんとのコラボの照明も素敵でした。
購入したかったのですが、すでに売約済みでした・・・また作られることを期待します。
f0180433_18322773.jpg
f0180433_18324074.jpg
f0180433_18325278.jpg

ギャラリーワッツさんの空間ともとてもよく合っていて、夜になるとまたいい雰囲気を醸し出していました。

松野章弘展
2012.1.13(月)~2.4(土)まで
南青山 ギャラリーワッツにて
http://www.wa2.jp/

作家仲間数人と表参道で楽しい一杯(いっぱい)やった帰り道、見上げるとAOビルが綺麗で。
f0180433_18375960.jpg

[PR]
by cafecocon | 2012-02-02 18:38 | 展示会