ブログトップ

color's diary

cafecocon.exblog.jp

<   2011年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

アトリエクルール染色教室7.30


今日のアトリエクルール染色教室の模様です。
ご自分の作りたいもの1作品を時間をかけて作れる、自由に体験コースには、お2人の素敵な方が参加されています。
テキスタイルデザイナーをされていたKさんは、ご趣味で日本画を描かれていたとか。
大好きな龍の図案をさらさらと描いていきます。
大らかに伸び伸びと制作される姿を見ているとこちらまで楽しくなります。
タペストリーとクッションを制作予定です。
f0180433_21512990.jpg

f0180433_21561124.jpg

教室へ来る朝にデザインが降りてきて、ささっと描きとめていらしたというIさんは大理石のモザイク画を習っていらしたとのこと。
光や風を表現したいとおっしゃる素敵な感性の持ち主です。
ご自宅用に綿のクッションカバーをカナダにいらっしゃるお嬢さんのためにと色違いで染められる予定です。
素敵な新人さんが今月も沢山参加されて、またまたいい風が吹いております。
そして、来月発表展示会を控えている生徒さんたちもみなさん頑張っています。
f0180433_2242483.jpg
f0180433_2243763.jpg
f0180433_225655.jpg
f0180433_2251661.jpg
f0180433_2253591.jpg

こちらは定年退職されたお父様にプレゼントするという作品。
初めての筒描きに挑戦です。上手!
f0180433_2272511.jpg

初めての作品を制作するYさんはお花の柄のランチョンマット。
大胆な構図が潔く美しいです。
糊を置いた後の型紙を慎重に剥がす姿もまたいい感じです。
とても上手に糊置きができました。

8月は6日と20日の2日がしごき日です。
また沢山の素晴らしい作品が出来上がることでしょう。
[PR]
by cafecocon | 2011-07-30 22:11 | 染色教室

米沢の那須野織物さん


昨日は山形県の米沢に日帰り出張いたしました。
2009年の秋に作ったカシミア×シルクオーガンジーの風通織ストール。
Atelier Couleurのオリジナルデザインで、米沢の那須野織物さんに織っていただいているコラボレーションの生地です。
25cm巾、50cm巾、90cm巾に長さが190cmの3パターンのサイズのスカーフ&ストールに仕立てて、六本木ミッドタウン内のワイスワイストゥールスとアトリエショップや展示会で販売されています。
f0180433_15101991.jpg

f0180433_1631298.jpg

この秋は黒(Noir)とオリーブグリーン(Olive)の新色2色を出す予定で、昨日はその打合せと雑誌の取材も兼ねて訪れました。
f0180433_1512921.jpg

経糸にシルクオーガンジー(生糸)、横糸の表はカシミア、裏は生糸と絹紡糸を複雑に混ぜ合わせています。
佐藤律子の感性と、那須野織物さんの長年の経験と技術によってできた、他にはないデザインです。
那須野織物さんは、知識がないからこそ言えてしまう私の我儘な発想をしっかり受け止めくださいます。
しかも最小ロットで、儲けも最小・・・ないのに、「律子さんの感性が素晴らしいからだ~一緒にモノ作るのが楽しいからだ~」と行って、楽しんで引き受けてくださる。
那須野さんご夫婦は根っからのクリエーター。
モノづくり魂を持った方なのです。
このお2人なくして、私のクリエイトもあり得ませんでした。
f0180433_15254070.jpg

こちらは工房の一部。
今秋に発売するカシミア×シルクオーガンジー風通織ストールの黒バージョンの経糸に使われる生糸です。
f0180433_15322029.jpg

f0180433_15334257.jpg

蜘蛛の巣の糸のような細さの生糸を一本一本手作業で筬に通し、この機会に巻きつけて経糸を形成します。
気の遠くなるような作業・・・頭が下がります。
f0180433_1542456.jpg

戦後からずっと使っている那須野織物さんの織り機や道具は、大切に使われ、手入れされて今でも味わい深くぴかぴかに輝いています。
限りなく手作業に近いこの織り機は、手織りのような空気をはらんだ風合いのある仕上がりになるそうです。
それが那須野織物さんの持ち味になっているのだと思います。
機械織りであっても味わい深いのです。
f0180433_15481017.jpg

この機械でカシミア×シルクオーガンジー風通織が織られます。
f0180433_1549722.jpg

紋紙の穴の開け方を教えてくれる那須野さん。
f0180433_1554990.jpg

工夫して作られ、長年使っている道具の数々。
同じモノづくりでありながら、その情熱を持続されてきたことに畏敬の念を感じざるを得ません。
そして色々御苦労されながらも、この底抜けに明るく爽やかなお人柄。
「ありがとう。那須野さん...」
お2人に出会えたことに感謝の気持ちでいっぱい。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by cafecocon | 2011-07-28 16:13 | モノづくり

動画写真集Color of the Mediterranean Sea~Spark!


7.10~17に開催した、Ateleir Couleurの企画展「Color of Mediterranean Sea~Spark!」の展示会の模様と初日に開かれたSparkling Partyのタパスの写真を動画写真集にしました。
スペイン・バレンシアで作陶活動しているスペインタイルアート・陶芸家の船戸あやこさんの彩色皿と陶箱。
色ガラスを重ね合わせてフュージングし、サギングの技法で重ねの色目を表現するガラス造形作家の塚村剛さんのグラス。
クリアなガラスに金箔や水泡を閉じ込め、吹きガラスで自然なやさしいフォルムを表現するガラス造形作家の鶴田安芸子さんのガラスの器。
そして、衣・食・住の様々なシーンと空間を彩る、Atelier Couleurの手捺染や引き初めの麻、葛、絹など天然素材の手染布。
4人の作家が地中海の色彩とキラメキをテーマに創作した作品たち。
料理研究家の井上敬子先生による15種類のスペインタパスのパーティ。
楽しく美味しい色彩が飛び出してきます。
ぜひご覧になってみてください。
" target="_blank">Produced by Atelier Couleur Ritsuko Sato
Photo&Editing by Michiho
[PR]
by cafecocon | 2011-07-26 22:25 | 展示会

和歌山県橋本市民病院のアートワーク


額装に出していた和歌山県・橋本市民病院のアートワークが今日出来上がり、西荻窪にある額装やさん、株式会社数寄和まで確認に行ってきました。
f0180433_2137216.jpg

f0180433_21473850.jpg

600×600(パネル張のサイズ:350×350)
草花をモチーフにした、温かでやさしくふんわりと包み込むイメージというご要望をいただき、春から夏の明るく爽やかな色彩に麻を捺染しました。
染めた布をパネル張にした後、額に入れています。
木にオフホワイトの塗装をし、シルクの様な光沢のある白い布をマットにしたオリジナルの額装で、鮮やかな色彩がとても生える爽やかな作品に仕上がりました。
各科の待合にの壁面に12点の作品が装飾されます。
きっと明るく和やかな空間が出来ると思います!
現場に設置された写真はまた後日upいたします。
[PR]
by cafecocon | 2011-07-25 21:52 | アートワーク

7.23 アトリエクルール染色教室


昨日のアトリエクルール染色教室は、午前中はしごきの作業日。
5人の方の作品が仕上がりました。
展示会に向けて、みなさんがんばっています。
f0180433_19461712.jpg

先ずは地色を染めるための色糊を作ります。
糯子と糠でできた糊に調合した染液を混ぜ込んで練ります。
f0180433_1931326.jpg

地色を白くする場合は、染液を混ぜない、糊だけを置きます。
f0180433_19312080.jpg

こちらは藍色の地色。
f0180433_19322311.jpg

色糊を全体に刷り込んだ布を、蒸し器で約50分間蒸します。
蒸し上がった布の熱を冷ましたら、水洗いします。
f0180433_19341341.jpg

f0180433_19344720.jpg
f0180433_19345993.jpg
f0180433_19352370.jpg

みなさん、どれも個性的な力作です。
8月27日(土)~28日(日)の「アトリエクルールの仲間たち展Ⅵ」をどうぞお楽しみに。

そして、午後は今日からスタートの新人さんが4人集まりました。
f0180433_1938786.jpg

3Fのアトリエでは、みなさん、熱心に集中してデザインを構想中。
f0180433_19391318.jpg

2Fのアトリエではベテランさんも一人、手ぬぐいの型置きをがんばっています。
しごきの作業を終えたみなさんが、周りで和やかに談笑中。
体力仕事に、頭脳仕事・・・それぜれみなさん、お疲れさまでした!
そして今日もまた素敵な作品の数々が生まれました。
[PR]
by cafecocon | 2011-07-24 19:44 | 染色教室

カシミア×シルクオーガンジー風通織ストール


2009年秋に制作したカシミア×シルクオーガンジーの風通織ストール。
Atelier Couleurのオリジナルデザインで山形県・米沢の那須野織物さんで織って頂いています。
f0180433_19171368.jpg
f0180433_1917261.jpg

アトリエショップと六本木ミッドタウン内のWise Wise Toules で取り扱っており、20代から70代のオシャレな老若男女に地味に人気の商品です。
軽くて暖かい素材、リバーシブルなのでカジュアル・ドレスアップ、お着物やスーツなど様々なシーンで、季節問わずお使いいただけます。ご旅行にも便利です。
今秋、新色2色を展開する予定で、只今色彩計画中。
7月27日(水)はその打ち合わせとミッドタウンの会員向け小冊子の取材で米沢へ出張します。
26日(火)・27日(水)はお店も臨時休業となりますのでよろしくお願いいたします。

Couleur Shop Coconの臨時休業のお知らせ
7月22日(金) 12:00~15:00までの営業
7月24日(日)・25日(月)定休日
7月26日(火)・27日(水)臨時休業

[PR]
by cafecocon | 2011-07-21 19:21 | モノづくり

北欧アンティーク 小さなキラメキ展


今日から「北欧アンティーク 小さなキラメキ展」がGallery sibecocoにて開催されました。
Gallery sibecocoはうちのAtelier Couleur染色デザイン工房&手染の布と器の店・Couleur Shop Coconの並び、2軒先にOpenしました。
北欧のヴィンテージガラス、陶器、クロス、アクセサリーなどが素敵に展示されており、もちろん購入もできます。
私は朝一番乗りで、麻のクロスに唾を付けてきました。
素敵なモノが沢山で、一日では選びきれない位。
多分、何度も覗きに行くと思います。
まるで北欧のお家にお招きされたような、温かな気持ちになります。
うちのアトリエと同じ間取りなのに、全く違う空間になっているのも楽しめます。
f0180433_1784778.jpg

f0180433_17215692.jpg

f0180433_1785885.jpg
f0180433_1791232.jpg
f0180433_1793842.jpg
f0180433_171039.jpg
f0180433_17101239.jpg

Gallery sibecocoのオーナー、マダム伊東。

7.20(水)から8.3(水)までの期間限定Galleryです。
回廊時間は12:00~19:00。月曜日休み。
[PR]
by cafecocon | 2011-07-20 17:22 | 展示会

Sparklingな日々・・・


スペインタイルアート・陶芸家の船戸あやこさんガラス造形作家の塚村剛さん、鶴田安芸子さん、染色家の佐藤律子の4人展、「Color of Mediterranean~彩色皿とグラス展・Spark!」も18日で終了いたしました。
猛暑の中、沢山の方にご来場いただきありがとうございました。
あちこちから感性豊かな方が訪れてくださり、毎日が心弾ける出会いがあって、まさにスパーク!
スパークリングワインで、沢山乾杯もしました。
f0180433_19241073.jpg

お土産に持って来て下さったシャンパンとブドウ。
訪れた方と分け合って頂きました。
f0180433_19242844.jpg

みなさん、美しい色彩とカタチのガラスや陶器、布を楽しんでくださっていました。
最終日にはこんな素敵なお客さまもありました。
小学生のお嬢さんを連れていらしてくださったご家族が2組あったのですが、その2組共、8歳のお嬢さんが塚村剛さんの独特な色ガラスのぐい呑みを大変気に入ってくださり、ご購入下さったのです。
同じ日に、同じような光景を2度見ました。
ぐい呑みですから、8歳のお子さんにはまだ使うには早すぎる・・・
ジュースを飲むには小さすぎるし・・・
でもお嬢さんの感性は数ある作品の中から、この形のこの色合いが好き!ときっぱり言える。
その理由もちゃんと説明できるのです。
お母さんもお父さんも実用的でないとの意見。
こっちの大きいのだったらみんなが使えるんじゃない?と意見を言いますが、お嬢さんにとってはやっぱりこれがいいんだ!という気持ちがしっかり。
3人で家族会議をしながら、吟味して、最終的にお嬢さんの意見が優先されました。
その後にいらした3人家族のお嬢さんも偶然にも同じ年。
やはり、塚村さんのぐい呑みに魅了されて、お母さんと一緒に選ばれました。
最後にこれで何飲むの?と聞くと迷わず「牛乳!」と答えました。
可愛い!
このきらきらした感性を大切にされているご両親、素晴らしいですね。
そして、自分がいい!と思うものに対してしっかり意見が言えて、一緒に話合える。
心温まる素敵な光景でした。
f0180433_19321191.jpg

お子さんにも人気だった塚村さんのグラス。
人を一瞬にして笑顔にしてしまう、美しい色彩とお茶目なデザインの船戸さんのお皿と陶箱。
自然な優しいフォルムが心地よく、日常に使い勝手の良い鶴田さんのガラスの器。
展示会が終わってからも、少しだけ、常設させていただけることになりました。
火曜日から金曜日の12時から19時までCouleir Shop CoconはOpenしています。
覗きにいらしてください。
[PR]
by cafecocon | 2011-07-19 19:53 | 展示会

アトリエクルール染色教室7月9日・16日


アトリエクルール染色教室の模様、2周間分を一挙公開です。
先ずは先週のクラスから。
型染めで手ぬぐいの柄を入れています。
f0180433_18525669.jpg
f0180433_18531223.jpg

f0180433_18535535.jpg
f0180433_18541214.jpg
f0180433_18543546.jpg

午後のクラスでは、それぞれが多種多様の技法を試みています。
f0180433_18544593.jpg

大学時代に捺染の筒描きを学んでいたSさんは、このアトリエでは1作品目。
お得意の筒描きで細かくラインを入れています。
f0180433_1855342.jpg

初作品のランチョンマットも順調に色が置かれています。
f0180433_18552172.jpg

型彫り名人、Oさんの作品は桜の図案の型に2色のグラデーションをタンポンで暈かしています。
f0180433_18553555.jpg

午前のクラスで白糊を型で置いた、Tさんは午後に筒描きで線を描いています。
f0180433_1923032.jpg

先週の続きで黄色の色糊を置いているTさん。
紗張した型紙は、糊が紗にくっつかないように・・・剥がす時はゆっくり慎重に。
f0180433_1945249.jpg

新しいデザインと型紙を制作中。

染色教室の展示会まであと約1ヶ月。
みなさん、それぞれにがんばっています。
[PR]
by cafecocon | 2011-07-16 19:07 | 染色教室

涼を感じる~塚村剛さんの片口とグラス


夏本番に突入しました。
塚村剛さんの片口とグラスで、こんな涼しげな夏の晩酌timeいかがでしょうか?
色ガラスをフュージングし、楽しい色の重なりと、サギングの技法ですっきり美しいカタチを作りだす塚村さんの器はモダンで涼しげです。
f0180433_1826920.jpg

この薄さが口当たりよく、冷酒が美味しい器です。
おつまみにわかめ豆腐の梅肉ソースを作ってみました。
練った葛にわかめを入れて、豆腐に塗り、その上に梅肉ソースをかけました。
よく冷やして、茗荷などのせて。
お皿は鶴田安芸子さんの吹きガラス、ミルキーウエイシリーズです。
やっぱり夏はガラスが気持ちいいですね。

「Color of Mediterranean~彩色皿とグラス展・Spark!」
7月10日(日)~17日(日)まで
[PR]
by cafecocon | 2011-07-14 18:38 | 展示会