ブログトップ

color's diary

cafecocon.exblog.jp

<   2010年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Couleur Shop Cocon 船戸あやこさんの作品紹介


色の放つエネルギーで結びついた素敵なご縁がありました。
スペインのバレンシア在住17年。バレンシアで作陶し、毎年1度、日本に作品を発表しに帰国されている、タイル画家であり陶芸家である船戸あやこさん
スペイン伝統タイル画はイベリア半島の国々、スペインやポルトガルで古くから発達していた装飾品で、きれいな色合いと伝統的なデザインで絵付けされた、アートでもあり、職人技でもある文化のひとつです。
船戸さんはこのタイル画の制作を長年された後、8年ほど前から独自のタイルアートや陶芸作品の制作に取り組んでこられた、経験ゆたかな作家です。
f0180433_1415127.jpg

その作品たちは、スペインでの暮らしの中で、自然が生み出す強烈な色彩からインスピレーションを得て、ご自身の内側にその存在を取り入れ、中心において制作されているようです。
船戸さんから生まれる色鮮やかな色彩は、ポジティブなエネルギーを放っています。
オブジェやタイルアートなど色々な作品を制作していらっしゃいますが、ここCouleur Shop Coconでは日常生活の中で取り入れられる小さなアート、「小箱」をご紹介しています。
f0180433_14111277.jpg

この「地中海と愉快な魚たちシリーズ」は海の青のバリエーションを表現した美しい陶箱です。
蓋を開けると、またそこには違った海の色彩が広がります。
一粒で2度美味しいのです。
f0180433_14484060.jpg

f0180433_14122762.jpg

f0180433_14491291.jpg

f0180433_14493025.jpg

実物はもっともっと色鮮やかで心躍ります。
ぜひ見にいらしてください。

スペインタイルにご興味のある方はこちらのHPをご覧ください。
スペインタイルアート工房
東京・大阪の2カ所で教室が開催されています。

Couluer Shop Cocon 毎週火曜日から金曜日の12:00~19:00 Open
[PR]
by cafecocon | 2010-07-22 14:52 | Shop情報

Modern resort interior


2010年7月20日(火)~8月3日(火)まで、日本橋三越本館5F インテリアスペースにて、「Modern resort interior」展を開催しています。
f0180433_13274291.jpg

ADA Insutituteの田中美知代さんがコーディネートされて、インドネシア在住のユミ・アスリさんデザインによるTEMA Styleの家具やオブジェ、YOTHAKAのタイのウォーターヒヤシンスを使ったソファやベンチを中心としたインテリアの展示会です。
所々にAtelier Couleurのシルクオーガンジーのグラデーション間仕切りがゆらゆらしています。
三越デパートの一角がアジアンリゾートの風が吹く、ゆたっり心地の良いスペースになっています。
ぜひご高覧ください。
[PR]
by cafecocon | 2010-07-21 13:39 | 展示会

Couleur Shop Cocon 岩清水久生さんの鉄瓶


岩手県南部鐡古来の伝統をふまえて現代の生活に合う「用の美」を求めて制作している、工房「空間鋳造」の岩清水久生さんの作品をご紹介します。
f0180433_11551770.jpg

右端は鉄瓶、中央と左端は鉄のお急須です。

岩清水さんはデザイナーでもあり、作家でもあります。
プロダクト的な品と芸術的に昇華させた作品とを手掛けており、国内はもちろんのこと、パリのMeison et Objet やフランクフルトのIntemetional Frankfurter Messe、ニューヨーク近代美術館MOMA Shopなど海外にも数多くの作品が出品され、世界中で愛されています。
f0180433_1211467.jpg

Couler Shop Cocon 扱っているのは、プロダクト的な品。
お値段も大変お手頃です。
鐡瓶 たまごの子・大 28.000円(税込29.400円)
鐡急須 たまごの子・中 12.000円(税込12.600円) ※木蓋タイプあり
鐡急須 たまごの子・小 75.00円(税込7.870円)
f0180433_12155998.jpg

鐡急須 霞月(かづき) 15.000円(税込15.750円) ※木蓋タイプあり
お急須はホーロー引きしております。
お茶はもちろん、日本酒の熱燗を楽しんでいただく事も出来ます。
この霞月で、熱燗。お月見の宴がしたいな~

アトリエでも2年前から岩清水さんの鐡瓶とお急須(たまごの子・中)を毎日使っています。
使い込まれた鐡瓶は甘美な湯の提供と言われているそうで、確かにこれで湧かしたお湯で入れるお茶はとても美味しいと感じます。
これは「釜焼き」された鐡瓶表面に作られる酸化被膜(黒錆)と、水中の様々な物質が幾層にも重なってできた「湯あか」とが、鐡瓶内部に吸着除去され、同時に微量の鉄分が含まれていくことによって生まれるのだそうです。
お手入れが難しいのでは?とよく言われますが、最後にさっと空焚きして、口や蓋の所に付いた水分をちゃちゃっと拭いておくだけで全く問題ありません。
現代の生活にマッチするモダンで飽きのこない、永遠のデザイン。
一生モノの鐡瓶とお急須です。

Couleur Shop Cocon 毎週火曜日から金曜日の12:00~19:00 Open
[PR]
by cafecocon | 2010-07-19 12:43 | Shop情報

Couleur Shop Cocon 田中信彦さんの陶器


手染めの布と器・Giftの店、Couleur Shop Coconは、Openしてから10日が経ちました。
あちこちから感度の高い方々がぷらりとご来店くださり、嬉しい毎日です。

今日は陶芸家の田中信彦さんの作品をご紹介します。
今とっても脂の乗っている作家のひとりである、田中さんの作る器は、ご本人のお人柄通り、とってもフレンドリー。
シンプルなデザインの中に職人的な技が光り、使い勝手の良さを兼ね揃えています。
田中さんの器も、毎日の食卓にのらないことはありません。
色々なシリーズを作っていらっしゃいますが、今の時期は銅彩シリーズをご紹介しています。
f0180433_1141722.jpg

銅彩ポット 13.000円(13.650円) 銅彩湯呑み 3.000円(3.150円) 墨彩湯呑み 2.800円(2.940円)

胎土にはほとんど磁器に近い瀬戸の半磁土を使用していますので、浸み込みがありません。
ぬくもりを残しつつ、きりっとショープでモダンなデザイン、なめらかに発色する白色のマット釉に銅彩の赤(釉裏紅の技法)がなんとも味わい深くて美しいです。
f0180433_11495033.jpg

こちらの鉢は、我が家でも大活躍。
ロールキャベツやシチュー、カレー・・・様々なスープ、リゾットなど・・・
親子丼、納豆オムレツ丼、点心丼など卵系の丼モノにも料理を引き立ててくれます。
銅彩中鉢 3.800円 小皿 2.600円(2.730円)
f0180433_12194549.jpg

和・洋・中・なんでもこんなに素敵に料理を引き立ててくれるフレンドリーな器。
Couleur Shop Cocon のHPでは他の器や、盛り付け例などもご覧いただけます。
そして、実物を手にとってご覧になりに、Shopにぜひおいでください。
[PR]
by cafecocon | 2010-07-17 12:31 | Shop情報

Couleur Shop Cocon 松野章弘さんの陶磁器


今日は陶磁器の繊細でチャーミングな作品を制作している松野章弘さんの作品をご紹介します。

f0180433_20431285.jpg

松野さんは、磁土と陶土をひとつの器に一緒に使って、素材感の違いと美しさを表現した作品を生み出しています。
石膏の型、キャストに流し込んで仕事をするとても手間のかかる技法で作られています。
そこに、Grey,Black,White,Siena,Beigeなど、おしゃれな色調の陶土を着けて、ラインを彫ったり、描いたり・・・きりっとシャープな造形の中に、味わいとぬくもりが感じられます。
和洋中、どんな料理を盛ってもおしゃれになる器です。

今旬の作品は、こちらのカフェオレボウルと、とっても取っ手が持ちやすいマグカップ。
出来立てのほやほやです。
f0180433_21544725.jpg

どちらもたっぷりカフェオレを楽しめます。
もちろん、スープやおひとりさまサラダボールなどにも大活躍。
私はボウルに、シリアル・フルーツ・ヨーグルト・はちみつ・ナッツ・白黒ゴマをたっぷり盛って、毎日朝食タイムで楽しんでいます。
ストライプカフェオレボウル 6.000円(税込 6.300円)
ストライプマグ 5.000円(税込 5.250円)
f0180433_2235368.jpg
 
こちらもアトリエで大活躍。
三日月の持ち手のmoon カップ 4.500円(4.720円)
コーヒー・紅茶・番茶・緑茶・ハーブティなどなんでも受け入れてくれるカップです。
これ持ちやすくてかわいい!と好評です。
f0180433_2282751.jpg

こちらCocon オリジナルのデミタス&ソーサー。
天使の羽のような持ち手のデミタス。Blak&Greyの陶土を着けたソーサー。
エスプレッソや、中国茶など、お代わりしながらゆったりとティータイムを楽しめます。
2脚セットで 10.000円(税込10.500円)
f0180433_22134146.jpg

こちらのegg 片口とぐい呑みは、究極に磨きをかけた薄さとなめらかさがなんとも繊細で美しい、松野さんのロングセラー。
このデザインのファンもたくさんいらっしゃいます。私もそのひとり。
夏の冷酒を爽やかにちびりちびり。
たまご型のぐい呑みが手にほっこり馴染んで愛らしいです。
egg 片口 12.000円(税込12.600円)
 ぐい呑み 4.000円(税込4.200円)

今の季節は、朝のコーヒーからティータイム、夕方のビール、夜の晩酌タイムなどを素敵にお供する、茶器や酒器を豊富に取り揃えています。
大切な方へのプレゼントにも、いかがでしょう。
ぜひお店を覗いてみてください。
Couleur Shop Coconへのアクセスはこちら
[PR]
by cafecocon | 2010-07-10 22:33 | Shop情報

Couleur Shop Cocon 鶴田安芸子さんのガラス器


本日、手染めの布と器の店 Couleur Shop CoconがOpenしました。
沢山の方々のご声援、お祝いのメッセージ、ありがとうございます。

さて、今日は、Shop Coconでお取り扱しています、作家の器をじっくり紹介したいと思います。
まずはガラス作家の鶴田安芸子さんです。
f0180433_23451512.jpg

拭きガラスによって創作している鶴田さんのガラスは、まるで自然の中の造形物のよう。
空に浮かぶ雲のようにふわふわとやわらかく、雨上がりの雫のようにきらきらと輝いています。
だから、毎日、使いたくなるような和みがあります。
そして、これまた、丈夫なんです。
私のような(以外に思うかもしれませんが・・・)結構な乱暴者が時々落としたりしても、元気でいてくれます。
もちろん、打ち所が悪ければ、割れものですから・・・
ほどよい厚みがあって、繊細すぎない安心感があります。
とにかく我が家では1年中毎日のように食卓に登場します。
特にこのむしむし暑い夏場は、涼やかに爽やかに演出してくれるのは間違いありません。

鶴田さんの器に盛り付けた、夏のメニューのご紹介です。
f0180433_2348995.jpg

揚げ茄子の中華風。冷たーく冷やして・・・
金ドット 楕円ボウル(price 税込 4.510円)に盛り付けて。
f0180433_23533349.jpg

夏はやっぱり冷やし中華。
ミルキーウエイ しずく大皿(price 税込 12.600円)/金ドット 片口(price 税込 7.350円)
f0180433_001441.jpg

金ドット 冷茶グラス(price 税込 3.990円)にゼリーを作ってみました。
上にアイスクリームなどのせたら、つるりと冷たい夏のおやつです。
冷茶グラスですが、小鉢としても、冷酒や白ワインなどの酒器としても、色々使える形です。

夏の贈り物にもいかがですか?
ぜひ、Shopへ、実物を見にいらしてください。

Couleur Shop Cocon 毎週火曜日~金曜日 12:00~19:00 Open
[PR]
by cafecocon | 2010-07-08 00:09 | Shop情報

Couleur Shop Cocon 7.7 wed Open!


生活を彩る布、モノ、色のギャラリーショップ、Couleur Shop Cocon が7月7日水曜日にOpenいたします。
場所はAtelier Couleur染色デザイン工房の1階です。
毎週火曜日~金曜日 12:00~19:00 のOpenです。

衣・食・住を彩る手染めの布と心躍る装飾品、アトリエで日々愛用していう作家の器などを揃えています。
ご自分のライフスタイルに合わせて、大切に末永く使っていいただけるモノでありますように。
また、大切な方への心のこもった贈り物になりますように。
そして、ゆっくり見て触れて、吟味していただける場所となることを願ってつくりました。
f0180433_19583611.jpg

f0180433_19592144.jpg

麻や葛布に型染め・筒描き・木版で捺染した手染めの布は50cmから、オリジナルカラーの染絹、織絹は1mから、切り売りもしています。
クッションカバーや、バック、また額装してお部屋の小さなアート代りに・・・と自由に使っていただけます。
ご提案とお仕立ても承ります。
f0180433_2065841.jpg

こちらはAtelier Couleurデザインの染絹の衣です。
手染めのシルクオーガンジーや、シルクサテンオーガンジーの羽織物やブラウス。
シルクタフタのスカートやパンツ、ワンピースなど。
冠婚葬祭、舞台衣装、日常のおしゃれ着として、様々なシーンでお召いただけるシルクのお洋服です。
オーダーカラーでご自分だけの色に染めて、セミオーダー、フルオーダーも承ります。
おサイズ直しもお気軽にご相談ください。
f0180433_20122823.jpg

松野章弘さんの磁器、鶴田安芸子さんのガラスの作品。
f0180433_20152222.jpg

岩清水久生さんの鉄瓶と鉄急須。田中信彦さんの陶器など。
ゆったり楽しむお茶タイム、おいしく楽しいお酒タイムのための茶器や酒器を中心にセレクトしました。

Coconとはフランス語で鳥の巣・繭という意味。
やさしい、気持がいい、守るといったイメージがありますが、
s'enfermer dans son cocon とすると自分の殻に閉じこもる、世を離れて暮らすといった意味合いにもなります。
日々忙しく過ごす中で、自分だけの心地の良い守られた場所、世俗を離れる瞬間を持つことは大切なことのひとつだと思う今日この頃です。
心地よく暮らすための自分だけのお気に入りのモノや様々な分野のクリエーターたちと出会い、繋がり、楽しんでいただけたら幸せです。

世田谷区宮坂 1-30-5
tel&fax: 03-3429-1641
1F Couleur Shop Cocon 火曜日~金曜日 12:00~19:00
2F Atelier Couleur 染色教室 毎週土曜日 10:00~14:00/14:30~18:30
3FAtelier Couleur 染色デザイン工房 日曜定休
[PR]
by cafecocon | 2010-07-05 20:30 | Shop情報

Couleur Shop Cocon Openします。


7月7日水曜日にAtelier Couleur染色デザイン工房の1階にお店がOpenいたします。
衣・食・住の様々なシーンを彩り、よりゆたかな暮らし、色のある暮らしの提案をする、手染めの布と器・Giftのお店、Couleur Shop Coconです。
f0180433_1615574.jpg

昨日はOpening Reception で日本酒パーティ。
60名の方々がアトリエ&ショップに駆けつけてくださり、この空間を楽しんでくださいました。
色々な方の力が支えとなって、この20年間がんばってこれました。
これからまた20年?心機一転やっていきたいと思います。
みなさま、ありがとうございます。
そしてこれからも応援よろしくお願いいたします。

さて、昨日の朝からは、パティーのための準備が着々と行われました。
朝一番においでくださったのは、経堂のお花屋さん、oak leafの柳澤さん。
f0180433_15483351.jpg

麻に木版を用いた捺染の技法で染めた「Artansia 紫陽花」の作品と松野章弘さんの磁器のフラワーベースに合わせて活けていただいたのは、ウズアジサイ・オカトラノオ・サンキライ・スティパカピラータ。
瑞々しく趣のある空間が出来上がりました。

その廻りには、岩手県水沢に工房を持つ、岩清水久生さんの美しいフォルムのモダンな鉄瓶と鉄急須の作品。
田中信彦さんの銅彩のエレガントでありながら使い勝手の良い陶器ティーポットと湯呑み。
f0180433_160397.jpg

鶴田安芸子さんのやわらかい自然なフォルムが心地よい、ぬくもりあるガラスの作品には、こんな素敵なお花を活けてくださいました。
f0180433_163923.jpg

このベージュに紫のグラデーションというこれまたニュアンスのあるお花はフロッカス・スターアリスというのだそうです。この見事な色彩とカタチにまたまた感動。
f0180433_165238.jpg

お玄関先には、こんな鉢植えをふたつ。
これは大家さんからの贈り物ですが、やはりoak-leafさんで見立てていただきました。
地中海風の花台も一緒にコーディネート。
柳澤さんからの小さな貝殻のプレゼントが爽やかな夏の演出になりました。
f0180433_1694012.jpg

ショップで取り扱う鶴田さんのガラス器、松野さんの磁器のコーナーです。
天井からは「緑風」と名付けた色名の、濃いグリーンとブルーのグラデーションに染めたシルクオーガンジーの間仕切りを設えて。
透け感と揺らぎが爽やかさも演出します。
f0180433_1617945.jpg

開店前にお皿と片口を持って早めに来てくださった、磁器の作家の松野さんとガラスの鶴田さん、そして、スタッフとして大活躍してくださった生徒さんのお二人。
後ろにちらりと見えるのが、本日のメインメニュー、笠間の磯蔵酒造さんの日本酒6種類。
みなさん、たん~んと呑んでくださいました。
磯蔵酒造さんのお酒は、ピュアでおいしい!私の大好きなお酒です。
今朝、早速に「あんなに日本酒を飲んだのに、全く二日酔いもせず、すっきり目覚め、おまけにお肌の調子がとってもよかった~よいお酒でした!」というメールもいただきました。
磯蔵酒造の礒さんも笠間から駆けつけてくださり感激。
本当に素晴らしいお祝い酒になりました。
ありがとうございました!

最後は酔っ払いも少々でましたが、みなさん、口々に「いや~本当に楽しかった~」と笑顔で帰って行かれました。
私もたくさんのエネルギーを頂いて、元気いっぱいになりました。
7日からはお店としてOpen。
毎週火曜日~金曜日の12時から19時までがOpenとなります。
ぜひお店を覗きに、ぷらりといらしてください。
お待ちしております。

お店の紹介はまた後日・・・
[PR]
by cafecocon | 2010-07-04 15:36 | Shop情報