ブログトップ

color's diary

cafecocon.exblog.jp

<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

箱根のホテル・アートワークの設置後


昨年の暮に手掛けた箱根のホテルのアートワークが完成されたホテルに設置され、その模様の画像をいただきました。
麻にローラーを使って捺染した布は、パネル張りに仕立て、お風呂に繋がっている廊下とロッカールームのアプローチ壁面に設置されました。
カタチになり、空間にはめ込まれると、ぐっと雰囲気がでてきます。
空間と人とを結ぶモノとしての役割が出てくるように感じますが、いかがでしょうか?
f0180433_23123354.jpg

刻々と移り変わる空の色彩を4枚のパネルに表現しました。
f0180433_23154232.jpg
f0180433_23161863.jpg
f0180433_23163878.jpg
f0180433_23165886.jpg

ここを通るお客様は、どんなことを感じるのでしょう?
元気になったり、どきどきしたり、自然の素晴らしさや美しさを思い出したり・・・
なにかポジティブな波動を感じていただけたら嬉しいな~
などと思いながら、いつも色とデザインを創作しています。
空間とのコラボレーションであるアートワークの制作は、とても楽しい仕事です。
コーディネーターの松木さん、ありがとうございました。

Atelier Couleurの仕事をご覧く出さる方はこちらからリンクできます。
[PR]
by cafecocon | 2010-06-21 23:24 | アートワーク

Atelier Couleur 染色教室


むしむし暑い梅雨の候、みなさまお元気でお過ごしですか?
今日のアトリエクルール染色教室の現場です。

まずは中級者の制作です。
型彫りと紗張りの名人の今回の作品は、美しい雪の結晶のデザインのランチョンマット。
べっとりした暑さを吹っ飛ばしてくれますね。
f0180433_22512363.jpg

Mさんは麻に筒描きの線とタンポンでぼかした円の味わいある作品です。
いい感じにぼかしが入りました。
f0180433_22524877.jpg

Yさんの色鮮やかな幾何学文様の作品は3型目の型紙です。
型彫りと紗張りに少々難航したようです。
f0180433_2373910.jpg

こちらは上級者のSさんのデザイン画です。
タンポポのモチーフの手ぬぐいにトライします。
練りに練ったデザインと配色はポジティブで力強い作品になりそうです。
今日は一緒に色彩と染料の調合計画をしました。
f0180433_22562834.jpg

それに体験の方のコースターを仕上げる作業をしました。
今日は小さなモノだったので、中華蒸籠で蒸しました。
河童橋などで購入できるこの蒸籠で、気軽に自宅でしごきの作業、蒸しをすることが出来ますよ。
f0180433_2302530.jpg

初級のNさんは3作目。ご友人の結婚祝いにと手ぬぐいを染めています。
先ずは1型目、つばめが飛び始めました。
8色ほどの多色で染め上げる予定のこの作品、重なりの工程がまた楽しみです。
f0180433_2342335.jpg

一番の新人さんの作品は、ハンカチにするための綿ローンに人物のデザインで染めています。
今日は3色目の型染め。
だんだん躍動する人が浮き出てきましたね。
f0180433_2322413.jpg

見学の方も一人見えて、来月からスタートすることになりました。
またまた個性的な仲間が加わって、10人10色、色とりどりの作品制作が繰り広げられます。
みなさんの個性とエネルギーに触れられてわくわくしてきます。
みなさんのひとつひとつの工程と完成が楽しみです。
[PR]
by cafecocon | 2010-06-19 23:15 | 染色教室

秋色紫陽花


昨日、また素敵な色彩に出会いました。
早くに教室が終わったので、大好きな経堂の花屋さん、Oak-leafさんにぷらぷら。
この花畑は何だと思いますか?
f0180433_23344071.jpg

1輪の秋色紫陽花なんです。
f0180433_23365615.jpg

写真では写しきれませんが、この微妙なグラデーションとひとつひとつの花の完璧な形。
妖精がいっぱいいるみたいです。
またまた感動してしまい、Oak-leafさんと大興奮で盛り上がってしまいました。
まるでモネの睡蓮の連作のように、1輪の中で光のグラデーションが織りなされているんです。


どうも私は秋色紫陽花に縁があるようです。
始めてOak-leafさんに訪れた時も・・・
秋色紫陽花に引き寄せられました。
道に迷ってきょろきょろ歩いていると、1軒の小さな花屋さんを見つけ、ふと店内に目をやるとそこに飛び込んできたのは、違う品種の秋色紫陽花。
始めてのそのなんともいえない色彩に心が躍り、凝視いたまま吸い込まれるようにお店に入って行ったのでした。
その時の様子を今でも鮮明に覚えていますよ。と柳澤さんがお話しくださり、またその時の感動が蘇ってきました。
有るんですよね。心を揺り動かす自分に縁の深い色と形が。

もうひとつ、瑞々しくフレッシュな色彩の鉄線(ゆきのしたという品種)と山木来を頂いてきました。
f0180433_2350313.jpg

f0180433_23505592.jpg

松野章弘さんの磁器の花瓶にしつらえて、清々しい初夏のしつらえになりました。
松野さんの花瓶とぴったり。
素敵なモノと出会えて、いい日でした。
[PR]
by cafecocon | 2010-06-14 00:01 | 四季の彩り

松屋銀座 染絹の衣展「Colors in the Moon Light 」


6月1日から松屋銀座7階シーズンスタジオにて、佐藤律子染絹の衣展を開催しています。
ブログにアップするのが最終日前日になってしまいました。
今年は「Colors in the Moon Light」と題して、暗闇の中、月明かりに照らされて輝く草花たちの色をイメージして染めました。
小鴨の首の色、青味がかったグリーン、ちょっと大人っぽいローズピンク、グレープ、など・・・
シルクタフタやシルクオーガンジーに染めて、さらりと着られるシンプルなワンピースやシルクオーガンジーの羽織物などに仕立てました。
今年の都内デパートでの展示会はこちらのみとなります。
もう明日最終日。6時までですが、お時間がありましたらぜひ覗いてみてください。
f0180433_23452631.jpg

なんでもない形ですが、バイヤス裁ちのこちらのワンピースはシルエットがとても綺麗です。
f0180433_23261920.jpg

普段のおしゃれ着だけでなく冠婚葬祭にもお召し頂けます。
f0180433_23284962.jpg

紫陽花色のシルクオーガンジー大判ストールです。
f0180433_23294583.jpg

昨年の秋に作った、カシミアとシルクオーガンジーの風通ストールもお勧めです。
f0180433_23314845.jpg

軽くて暖かいこのストールは1年中お使いいただけます。
ジーンズなどのカジュアルスタイルにもドレスアップした時にも、またお着物のショールとしても・・・
私も昨年秋の旅行に持って行ったのですが、この1枚で様々なシーンに大活躍。
昼夜の温度差調節にもなり、とっても重宝しました。
Atelier Couleurオリジナルデザインで米沢の那須野織物さんに織っていただいた生地です。
とても上品に仕上がりました。
こちらのストールは、六本木ミッドタウンのWISE WISE Toolでもお取り扱いいただいています。
[PR]
by cafecocon | 2010-06-06 23:53 | 展示会