ブログトップ

color's diary

cafecocon.exblog.jp

<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ナチュロパスセミナー ホメオパシー入門


約10年間、オーストラリアで公認ナチュロパスとして開業していた友人の前田さんが、1年半前に東京に帰国し、自然療法の活動を現在、等々力でしています。
今日は以前から興味があったホメオパシーの入門編セミナーがあるということで参加しました。
実は先月から、彼女に協力いただいて、自分の治療したいところのハーブとホメオパシーの指導をしていいただいています。
ホメオパシーとは、18世紀にドイツ人医師サミュエル・ハネマンによって確立された同種療法と言われるもので、ホメオパシーの法則に添って、レメディと呼ばれる自然界から抽出し、希釈、振盪して作られる薬を使い、心身の様々な病気や不調に対応する補完代替医療のひとつだそうです。
ドイツはもちろんのこと、イギリス、フランス、オーストラリア、インド、南米でも普及しており、一般の薬局でも手軽に購入したり、医療機関でも扱われているそうです。
日本でも随分知られてきていますが、まだまだ馴染みはないようです。
私は1か月ほど前から始めたばかりで、まだなにも語れませんが、悪いと思われる部分だけを薬の力で抑えるという治療法とは違って、自然の力を借り、自分の持つ自然治癒力に働きかけ、自分の力でバランスを整え、トータルに治していくというこの自然療法がとても自分の考え方、生き方に合っているように感じています。
今日はとっても勉強になり、色々な事に合点がいきました。
前田さんの熱心さとお人柄が相まって、初めてでもわかりやすく楽しいレクチャーでした。
途中、雑穀のエキスパート、長谷川さんによるおいしいランチを頂いて心身ともにリフレッシュ。
f0180433_21475573.jpg

今日のメニューは雑穀ローフのトマトソース添え。キャベツのアンチョビ和え。ローズマリーポテト。ひよこ豆のバルサミコサラダ。黄色エンドウ豆と新玉ねぎのの豆乳スープ。でした。

等々力では様々な自然療法に関わるセミナーが開催されています。
ご興味のある方はぜひ、前田さんのブログ「ナチュロパスの目」をチェックしてください!
自然の力は奥深い・・・です。
[PR]
by cafecocon | 2010-05-19 22:12 | 自然の力

Atelier Couleur染色教室 しごきの日


今日はしごきの日。
気管支炎でお休みの方があったので、二人の方のしごきとなりました。
なんだかまた寒い日が続いているので、風邪ひきさんも多いかもしれませんね。
みなさまくれぐれもご自愛くださいね。

さて、今日のお二方の仕事は・・・
一方が蘇芳色と小豆色の中間のような紫味の赤い風呂敷、もう一方が、紫陽花をモチーフにした瑞々しい色彩とデザインのセンターを染め上げました。
f0180433_1952517.jpg
f0180433_1954115.jpg

蒸した後に洗って色糊を取っています。
f0180433_1955277.jpg

色止め液に浸けて、更に洗って出来上がりました。
木版で捺した花びら柄は3色の色糊を使って、微妙なグラデーションになっています。
情熱的な風呂敷が出来上がりました!
何度もこのデザインで色を変えながら染められていますが、今回はより大人っぽく、迫力のある作品になりましたね。
f0180433_19112032.jpg

こちらの紫陽花のデザインは、同じ型と色彩で3種類の違う布に染めてみました。
綿の手ぬぐい地、縦スラブの入ったテクスチャーのある苧麻とフラットな織の麻生平の2種類の麻。
同じ染料を使って、同じ仕事をしても布の種類が違うことでそれぞれ異なる発色をします。
これが染色のおもしろさでもあります。
先ずは素材選びから、楽しんでください。
Cさんの作品、どれもそれぞれに爽やかで素敵に仕上がりました。

f0180433_19123950.jpg

午後のクラスにいらしたYさんの仕事です。
いつもほんわかやさしいデザインのYさんですが、今回はインドの織物のような鮮やかな色彩で、力強い幾何学文様のデザインに挑戦です。
選んだインディアンクロスもよい風合いで、デザインと合っています。
新境地、また楽しみです。
[PR]
by cafecocon | 2010-05-15 19:29 | 染色教室

Atelier Couleur 染色教室


今日は23°と夏日和。アトリエ玄関先の花も元気に咲いて心地の良い土曜日です。
f0180433_1652156.jpg

今日の生徒さんたちの制作はこんな感じです。
f0180433_1653419.jpg

明るくきれいな色使いで、楽しい図案が出来ていきます。
ご友人の結婚のお祝いに差し上げるという夫婦手ぬぐい。
色彩デザインもじっくり時間をかけた甲斐あって、素敵なものができそうですね。

手前はMさんの麻のランチョンマットの図案制作中。
こちらは線を筒描きで、丸をタンポンを使ってぼかしていくそうです。
もう少し渋い色彩にするそうで、大人っぽくおしゃれなランチョンマットになりますね。
f0180433_1657953.jpg

ベテランのSさんの作品。すっかりご自分の定番デザインになりましたね。
木版の作品です。
お着物など包めそうなしっかりした大判風呂敷が出来上がりそうです。
f0180433_16581138.jpg

一番の新人さんの作品。少しづつ人の形が出来ていきます。
個性的なデザインです。

気候がよいとなんだか制作もより楽しくなってきますよね。
[PR]
by cafecocon | 2010-05-08 17:11 | 染色教室

Golden Week


私は東京生まれの東京育ち。父親は江戸っ子。
ですが、10年前にリタイヤした父は5年前に千葉県の勝浦市に終の住処?(と本人はその時そう言いました)
を構え、妻一人、犬一匹と仲良く悠々自適な暮らしをしています。
勝浦は海の幸、山の幸がゆたかにあります。

このGWは姪っ子たちと一緒に「おじいちゃんの家」(姪っ子がそう言います)で過ごしました。
山里は一面、緑色。目に青葉です。
ちょうど藤の時季で山藤がとてもきれいでした。
そして、たけのこの季節。
大多喜・平沢は日本一を誇るたけのこのメッカです。
f0180433_11343733.jpg


勝浦は伊勢海老の収穫も日本一だそうです。(でもどうして伊勢海老というのでしょう?)
散歩の途中で仲良くなったという伊勢海老漁の漁師さんに会いに行きました。
この辺の漁師の重鎮である利丸さんはなんと80歳で現役。
今日もこれから伊勢海老の網を掛けに出港します。
f0180433_11433675.jpg

f0180433_11561822.jpg

f0180433_11455461.jpg

赤ナマコとサザエをたくさんくださいました。
ナマコはカットした後緑茶に1時間ほど漬けると柔らかくなるそうです。
サザエは炊き込みご飯にすると美味しいと教えてくださり、早速その日の晩ご飯はサザエご飯。
最高でした!

姪っ子は網を片手にヤドカリ獲りに夢中。
愛犬サンパは大好きな海に入ってご機嫌でした。
f0180433_1151289.jpg

f0180433_11521632.jpg


大人も子供も犬も喜ぶ自然の恵み。
リフレッシュ休暇でした。
[PR]
by cafecocon | 2010-05-06 12:02 | リフレッシュタイム