ブログトップ

color's diary

cafecocon.exblog.jp

<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Atelier Couleur 染色教室


今日の染色教室はしごき日でした。
体験の方から、上級の方までの5名が仕上げの作業をしました。
しごきとは、「糊をしごく・刷り込む」という作業で、最後の地色の色糊を置く作業のことです。
先ずは、Atelier Couleurの色のレシピである、色見本帳から染めたい色をピックアップ。
f0180433_18495619.jpg

色糊作りはいつもの糊の5~18倍の量(1~2kgくらいの色糊を作ります)ですので、これも結構な重労働です。餡を練るようにねりねりします。
その色糊を布全体にまき、ヘラ(スキージ)で刷り込んだ後、厚みをつけて均等に載せます。
色糊を載せた布は巻いてから専用蒸し器に入れて、約50分間蒸します。
f0180433_18532987.jpg
f0180433_18534395.jpg

こちらは蒸し上がり、蒸し器から取り出した布たちです。
しっかり布の中に染料が浸透しています。
冷めたら、色糊を洗い落す作業をします。
f0180433_18561655.jpg
f0180433_18563441.jpg

色糊をきれいさっぱり洗い流した後、色止め液に50~60分漬けます。
これで、洗ったり、アイロンかけたりしても色が落ちることはありません。
f0180433_197127.jpg

その後、すすぎの作業です。しっかりすすぎます。
f0180433_1859158.jpg
f0180433_18591771.jpg
f0180433_18593648.jpg

太陽も沈みかけた頃、やっと最後の方の作品も仕上がりました。
薄暮れの中にたなびく作品たち。
それぞれ素敵に、きれいに仕上がって、疲れも吹っ飛びます。
みなさまお疲れ様でした。
[PR]
by cafecocon | 2010-01-30 19:12 | 染色教室

Atelier-haco 豆まめフェスタ


今週末、30日(土)と31日(日)の2日間で、荻窪にあるAtelier-hacoにて、「豆まめフェスタ」が開催されます。
在来種の豆を扱う、べにや長谷川商店さんの北海道の地豆がたくさん。
ばたばた焼き、豆パン、豆ジャム、豆のお茶などの豆の加工品も色々。
それに豆料理を引き立てる器や布小物などなど、豆尽しの小さなお祭りです。
Atelier Couleurも捺染の豆絞り柄ティマットや、麻のコースター、豆タペストリーなど小作品を少々出店させていただきます。
私も大の豆好きですので、この豆まめ尽しのお祭りに今から楽しみでしょうがありません。
忙しい日々の合間に豆をことこと茹でる作業は、自分を取り戻すような時間になります。
茹でた豆でサラダやスープ、和え物、煮物、炒め物など(もちろん味噌も)和洋問わず色々料理します。
そして、元気になる食材のひとつです。
私の生活に豆は欠かせません。
べにや長谷川商店さん著の豆料理の本もあるそうで、先日ちらりと見ましたが、知らない豆料理のレシピがの載っていて、心躍る本です。
もうだから、何度も言いますけれど本当に楽しみなのです。
お豆の好きな方、ぜひ行きましょう~
両日とも11:00~13:00は「ばたばた焼きワークショップ&お豆料理の持ちより会」も開催するそうです。
詳しくはAtelier-haco HPで。
f0180433_1927145.jpg

在来種の豆 べにや長谷川商店
ジャムのお仕事 小匙
暮らしの道具の店 シマシマヤトキョー
デザイン&活版印刷雑貨 ルフトカッツェ
手染布 染色デザイン工房 Atelier Couleur

[PR]
by cafecocon | 2010-01-25 19:19 | 展示会

Atelier Couleur 染色教室


今日の染色教室は体験の方、初級、中級、上級、久しぶりの方と様々に賑わいました。
午後のクラスの現場から・・・
f0180433_2228127.jpg

奈良の大学で染織を勉強されたという体験コースに参加のTさんは、染めに触れるのは18年振りだそうです。手ぬぐいの型を彫っています。
f0180433_22311349.jpg

昨年フラッグの公募展にチャレンジしたKさんは2作品目、家族のためにFamilyという文字を花で飾った素敵なデザインのランチョンマットにトライしています。
とても凝った作品になりそうです。
f0180433_22341063.jpg

変な写真を撮ってすみません。
糊を取っているKさんです。
その手前の作品は上級者のSさんのモノ。
カップケーキがモチーフのこれまた凝った作品です。
f0180433_22362262.jpg

お仕事が忙しくて、なかなかいらっしゃれなかったYさんも復帰して、草花のデザインの糊置きを再開しました。心和むデザインです。
f0180433_22375972.jpg

Kさんは筒描きで愛犬くんのブチの柄をモチーフにお座布団を制作中。
同じ柄の手ぬぐいも作っています。

みなさん、個性あふれていて楽しいですね。
来週はしごきです。
[PR]
by cafecocon | 2010-01-23 22:43 | 染色教室

味噌仕込み


味噌を作り始めて今年で3年目になります。
毎年1月が仕込みの時季。今年は昨日でした。
神戸の味噌師匠が、おいしい有機大豆と麹を送ってくださいます。

先ずは一晩水に浸した大豆をことことと煮て、熱いうちに潰します。
f0180433_1041967.jpg

今年も3家族分(3甕)を仕込みましたので、大豆の量は3kg、麹6kg、塩1.35kgという割合です。
すり鉢に入れて麺棒で潰して錬るのですが、結構、力も時間もかかります。
アパートの大家さんとの3人での共同作業ですから、楽しくできます。
始めのうちは「オーソーレみ~そ~~」とか調子よく歌ったりしていましたが、そのうちみんな無言になります。
ひたすら潰します。
フードプロセッサー使おうか?という声もでますが、「私はずっとこれでやっていきたい」と主張。
毎年1回、1年間楽しめる味噌を作るんだから、このくらい手間暇かけてもいいじゃあないですか~
それにみなも同調。そうねそうよね。これでいきましょう。

麹はすぐに塩を混ぜます。
f0180433_10462531.jpg

塩麹と潰した大豆をよくよく混ぜてねりねりして、味噌の元を作ったら、それを空気を抜くようにたたきながら甕に詰めていきます。
一番上に竹皮を敷き、その上に酒粕で蓋をして塩を載せ、空気が入らない様にして出来上がりです。
f0180433_111044.jpg

毎年お盆過ぎに1甕は開けるのですが、もう少し熟成させたほうがコクとまろみが出るようです。
今年は1年以上置いてみようと話しています。

本当においしい味噌ができるんですよ。
手前味噌ですが。
[PR]
by cafecocon | 2010-01-20 11:05 |

教室初め


今年もお教室は6日から始まりました。
今日の生徒さんたちの制作現場を紹介します。
f0180433_1844755.jpg

f0180433_185519.jpg

上級者のお二人は、大作を筒描き・木版などを使った緻密な作業で頑張っています。
約6時間かけて、延々とひたすら木版で糊を置くTさん。
まるで修行のようだ~と泣き笑い?
そうです、ひたすら木版でペタペタ置く作業を続けていると、ある時集中し、頭の中がす~っと静かにる(無とは言えませんが・・・)時がくるのです。
それはちょっと気持ちがよいですよ。

f0180433_18263965.jpg
f0180433_1827276.jpg

新人さんのお二人もがんばっています。
Cさんは今月末に第一作品、風呂敷とバック用の生地が仕上がる予定です。

今月のしごきは30日です。
[PR]
by cafecocon | 2010-01-16 18:34 | 染色教室

新年


あけまして、随分経ってしまいましたが、おめでとうございます。
2009年から2010年にかけては、なんだか慌しく過ぎ去ってしまいました。
結局大掃除もしないまま、お正月用の花もしつらえないまま、新しい年を迎えてしまいました。

f0180433_1151413.jpg


今年は仕事のスタイルを少し変えてみようと考えています。
リニューアルがテーマです。
よりよいモノをじっくり心をこめて、楽しんで作っていける環境作りから、リニューアルしたいと思っています。
それから、自分自身も少し。
また、具体的になりましたらお知らせ致します。
今年もAtelier Couleurの仕事をどうぞ応援してください。
[PR]
by cafecocon | 2010-01-07 11:19 | Atelier Couleur