ブログトップ

color's diary

cafecocon.exblog.jp

<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

輪島の漆器 キリモトさん 


5年ほど前に、大阪梅田阪急で開催された、栽景作家の小林健二さんプロデュースのジョイント展、Tokyo Creator's Galleryでご一緒したキリモトの桐本泰一さんは、輪島の朴生地やさん、桐本木工所で、漆関係のモノをデザイン・プロデュースしています。
漆器は、素になる朴生地・椀生地、それに加工や装飾をしていく塗り・蒔絵・漆絵と、沢山の工程を経て作り上げるのですが、それぞれに専門の職人さんがいて、桐本さんは生業の木地行を営みながら、その職人さんたちと一緒に、創作活動しておられます。
漆器だけにとどまらず、その様々な漆の技法を生かして、建築素材(床や壁など)や家具、日常小物や生活雑具など現代の生活に活きるモノをデザイン・制作をしています。

お椀なども、デザインが洗練されていて、素敵なんです。
5年前の展示会で目をつけていた朱塗りの杉椀も、3年後にやっとゲットン。やっぱり、このお椀でお味噌汁を飲むと、一味違うような・・・幸せな気持ちになる自慢の逸品です。
アイスクリームとか、あんみつとかのデザートを盛ってもよいんです。

東京での常設店は日本橋三越本館7階のJ・スピリッツ。その他、色々な素敵なスペースで、素敵な企画展もされています。
そして、この度、半蔵門線の清澄白川に小さな工房と商談スペースのあるショールーム、東京事務所・うるしの事務室を開設されたとのことで、早速お邪魔してきました。
のらくろ商店街近く、築30年ほどのいい感じのアパートの一室。
中に入るとそこは、本当にうるしの間。
拭き漆の床に壁面は様々な技法で塗られた漆のパネル。漆のダイニングテーブルに、拭き漆のスツール。
f0180433_2239342.jpg

なんだか落ち着くんですよね。ここでパソコンをやっても、電磁波防止になりそうな?疲れなさそうなそんな感じがしました。
f0180433_2217563.jpg

和紙や麻布を張った上から漆を掛けている漆のパネル。
乾いては塗り、乾いては塗りを何工程も、また、時間をかけて乾かす為、塗料や染料、絵の具では出せない、しっとりとした艶が、なんともいえない落ち着きと色気を醸し出しています。
漆独特のこの色彩とテクスチャーだけで、気品漂う装飾品にもなります。
f0180433_22513253.jpg

油モノや生モノ、汁汁のモノをのせても大丈夫!という拭き漆のトレイ。早速友人とのパーティーで活躍。
今度は天ぷらや、手毬寿司みたいなものを盛りたいな・・・と思っています。パンやチーズもよいですね。

木という素材。日本の漆の色。この繊細な工芸品は、日本の自慢です。
そして、現代の生活の中で幅広く、楽しく、伸び伸び使える、自由で丈夫な漆器。
若手職人さんを抱えて、東奔西走、走り回る桐本さん、これからも益々素敵なモノ・空間を作ってくださいね。
[PR]
by cafecocon | 2009-08-27 23:07 | モノづくり

夏休み


残暑お見舞い申し上げます。

お盆休みは富士の裾野にある友人の別荘と勝浦で休養してきました。
f0180433_23424614.jpg

霧深い富士の裾野、十里木はしっとりと涼しく、久しぶりに快眠しました。
地震やら、豪雨やらで色々心配事の多い夏休みでしたが、何事もなく静かな休日を過ごすことができました。天気の変化も色々でしたが、富士山も拝むことができました。

後半は両親が住む勝浦へ。
今騒がれているピンクハウスを眺めながら、その目の前の海岸を歩いたり(お散歩するにはよい海岸です)
庭でくつろいだり、森の遊び場に行ったりして、姪っ子と一緒に太陽燦々の中遊びました。
f0180433_23543331.jpg
f0180433_23545666.jpg

最終日は送り火を焚いて、母を送りました。

みなさまはどんな夏休みを過ごされましたか?
まだまだ、残暑厳しき折、お元気でお過ごしください。
[PR]
by cafecocon | 2009-08-24 00:02 | リラックスタイム

今日の染色教室


お盆休みですが、今日も染色教室はやっております。
今日いらした生徒さんの制作工程をご紹介します。
f0180433_17484546.jpg

現役芸大生のKさんは卒展の作品制作の試作品を制作中です。
薄地の綿布に美しく凛としたシャクヤクの花を、型の上からコーラル・ローズピンク・桜色・薄い桜色の4色に、タンポンを使ってグラデーションにぼかしています。
型彫りがとても繊細で、重なり合った花びらが綺麗に表現されています。

f0180433_1758254.jpg

こちらは、国内の公募展に出品するための大作を制作中のK.Kさん。
30cm幅の綿布を6枚繋げて、幅180cm×300cmの布を着物仕立てにする予定です。
レンゲ草をモチーフにした作品は、やはり型の上からタンポンを使ってぼかしていく手法です。
今日は雌蕊のところに青と赤を色載せしました。
ダイナミックでモダンな作品になりそうです。

f0180433_18415930.jpg

すっっかりベテランさんのOさんは今回は総木版柄の作品を制作中。
2色のひし形の木版を濃淡をつけながらひたすら捺しています。
「ちょっとめげてきた・・・」と言っていましたが、きっと苦労は報われて、奥行きのあるゴージャズな布に仕上がりになると思いますよ。

f0180433_18353691.jpg

Mさんの今回の作品は自転車柄の型染め手ぬぐい。
日常の中のなにげないモノを、シンプルにほんわかとデザインするMさんは、益々オリジナリティが出てきています。

デザインも技術もみなさんレベルアップしています。
仕上がりは9月と10月の初めになります。楽しみです。
[PR]
by cafecocon | 2009-08-15 18:43 | 染色教室

米沢


先日、秋冬用の生地の制作のため、山形県 米沢にある那須野織物さんに行ってきました。
売上ることよりも、よい出会いと縁を大切にし、おもしろいモノつくりたいとおっしゃる那須野さん。
私のように小さく細かなお仕事でも、おもしろがって引き受けてくださる織物やさんです。
根っからのクリエーター、モノづくりである那須野さんは、知らぬが仏で、こんなモノが作りたいと我ままをいう私の思いを尊重してくださり、それにできる限り近づくように、力を注いでくださいます。
米沢に通い始めて4年、シルクオーガンジーの風通生地など、オリジナルの素敵な生地を作っていただいています。
今年はカシミア+シルクのストールを作りたいと思い、那須野さんに相談してきました。

夜はご自宅で日本一の米沢牛と奥さんが手がける自家菜園お野菜の焼き肉でおもてなしを頂きました。
お友達が作られた手作りワインがこれまた美味しくって、食い意地の張っている私はお腹がぽんぽこりんになるほど頂きました。
地元で丹精込めて作られたもののおいしさ・・・最高の贅沢です。
f0180433_0144420.jpg

自家菜園はもう、30年の歴。
ハクビシンに荒されたりと色々ありながらも、美味しい野菜とお米をご自分の畑で作り続けているそうです。
厳しい自然との共存をしながら、知識と知恵と感性で育む生活。
本当の人間らしい営みと、豊かさがそこにはあるなと思いました。
f0180433_0322925.jpg

f0180433_1183262.jpg

青々と瑞々しい田んぼが広がり、四方山に囲まれた米沢の風景。お昼に頂いた美味しいお蕎麦屋さんから。

お肉をたくさん頂いたけど、翌朝は全然もたれず、気分爽快で目覚め。
ご主人特製の玉ねぎ・ピーマン・トマト・きゅうり・パセリとバナナの入ったサラダ。
自家製のトマトジュースにトーストの朝食で、元気はつらつです。
「このサラダを食べると一日調子がいいんだ」というご主人。
そして、朝から工場で職人さんを交えての、新しい生地づくりの企画会議。
「いや、こういったことは始めてのケースだな。これができたらおもしろいな。どうしたらできるかな」
みんなであれやこれやと案を出し合い、真摯に向き合ってくださいます。
素晴らしいモノづくり精神と地に足のついた生活。
私もこの東京で地に足付けて、私のできることをやっていこうと思わされます。

失いかけている日本のモノづくりの現状。
失っていくものを止めることはできないけれど、一筋でも希望がある限り、一緒に作ってくれる人がいる限り、そして喜んでくれる人が少しでもいる限り、作っていきたい・・・と思います。
今年もきっと素敵な生地ができると思います。
今秋にはストールとして登場する予定です。どうぞお楽しみに。
[PR]
by cafecocon | 2009-08-10 00:48 | モノづくり