ブログトップ

color's diary

cafecocon.exblog.jp

<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Atelier Couleurの仕事・2009年の色


Atelier Couleur 染色工房では、インテリアファブリックや室内装飾品としてのアートワーク、洋服や和装品など、衣食住に関わる、生活を彩る布のデザイン・制作をしています。
毎年、日本各地で催される展示会では、主にシルクを染めて、染絹の衣を発表しています。
20代から80代の方まで幅広い年齢層、親子3代で着て頂ける、シンプルでエイジレスな服を作っています。
染色家が作る服ですので、微妙な色彩と色数の豊富さが特徴のひとつです。
平安時代の貴族たちが好んだような、色重ね、色遊びを楽しんでいただけます。
シルクは美しく上品に発色してくれます。
日本で織られているシルクは原産は海外でも、発色がてらてらせず、ビビットな色もどこかしっとり落ち着きます。
日本人の女性の肌はきめ細かく、その日本で織られたシルクのなめらかな光沢感、素材感がとてもよく似合うと思います。
そして、お肌がより美しく見え、優雅な気持ちになっていただけるような、微妙な色彩の創作を大事にしています。
同じ調合の染料でも、布によって、また染色手法によって発色は全く変わってきます。
ですから用途に合わせて、長年の経験の中で培った、布とそれに染め付けるための手法を選びます。
光を感じるような美しい発色、風のように軽やかでぬくもりあるシルクという素材。
光と風の服~をテーマにしたAtelier Couleurのお洋服。今年の新色はこんな感じです。

f0180433_1216819.jpg

グレイッシュラベンダー・グリーニッシュブルー・フクリャピンク・ラナンキュラスレッド・レモンイエロー・・・

先日経堂のお花屋さん、oak-leafさんで出会った花たち。
色と形とその佇まいにぐっときて、これとこれとこれ...といただきました。
ぼさっと花瓶に活けてみたら、まるで今年自分が染めた色彩のようでした。
今自分が欲している色なんですね。

f0180433_12222826.jpg


その染めた布たちは、国内の腕の良い縫製職人さんたちの手によってカタチになっていきます。
染絹の衣展は5月1日~7日の恵比寿三越から始まります。
[PR]
by cafecocon | 2009-02-28 12:48 | 色彩


早春の、まだ雪の降るような寒い頃に稟と咲く梅の花。
小雨降る中、青梅の吉野梅郷に梅見に行ってきました。
2万5千本の梅が山の斜面4kmに咲き乱れる梅の公園。
今日はまだ5分咲きでしたが、白梅・紅梅・薄紅梅・黄梅と、早春の色彩が点描画のように広がっていました。
f0180433_17453332.jpg

f0180433_1756896.jpg

梅はさわやかに甘く、顔がほころぶ優しい香りです。
花に鼻をすりつけて、その香気をたくさん吸い込んできました。
f0180433_17594143.jpg

ぜひ、満開の頃に訪れてみてください。
[PR]
by cafecocon | 2009-02-24 18:24

春らんまん✿手染めの手ぬぐいワークショップ


昨年の12月のこと。
修善寺に行った帰り路、静岡県の裾野市を通過した折、9年ほど前に夫婦仲良くお教室に通っていたIさんのことをふと思い出しました。
その頃、ご結婚されて、今は二人のお子さんと、ご自分で建てた裾野のログハウスに暮らしているのです。
晴天の下、見事な富士山を眺め、拝みながら、こんなよい所に暮らしているのね・・・と。
帰ってきた日の夜、そのIさんから電話がきました。7~8年ぶりくらいでしょうか?
Iさんは、裾野市青年団の団長をしているとのことで、町の活性化を図り、より豊かにクリエイティブに暮らしてゆくための活動をしています。
その一貫で、昨年から、市の生涯学習センターを使って、ワークショップと野外展示などクリエイティブなイベントを試みているとのこと。
今年はぜひ、染色ワークショップをやりたい!
そして、その作品を桜の咲く頃、黄瀬川の河川敷で野外展示をしたい!との提案でした。
想像する間もなく、頭の中には、先ほど拝んだあの富士山をバックに、桜の花と、青空の下、ひらひらたなびく春色の色とりどりの手ぬぐいが見えました。
テーマは春らんまん。手ぬぐいのワークショップでいかがでしょう?
お子さんから大人まで楽しめる手染めの手ぬぐいワークショップに決定しました。


春らんまん✿手染めの手ぬぐいワークショップ

日時:2009年3月21日(土)・3月22日(日) 2日間
場所:裾野市生涯学習センター特設会場
対象:型染めの部 中学生以上 12名
    落書きの部 小学生以上 12名
参加費:型染め 2,000円 落書き 1,500円
お問い合わせ:さやごと実行委員会 http://www.tacorice.net/sayagoto

f0180433_15564419.jpg

写真は昨年、発表展示会「アトリエクルールの仲間たち展 Ⅴ」時の生徒さんの作品です。
十人十色の手ぬぐいが展示されました。
アトリエクルールで染めた捺染手ぬぐいを、春らんまん✿野外展示に参加することができます。ただし、1週間野外で吹きさらしになります!




[PR]
by cafecocon | 2009-02-22 16:33 | 染色ワークショップ

春のしつらえ


昨日に引き続き、今日は春のしつらえです。
3月3日のお雛祭りの小さなしつらえをしてみました。
いくつになっても女の子の気持ちを忘れずに、そしてすっくと立って、凛々しく歩いて行きたいものです。
そんな思いにぴったりのoak leafさんのアレンジメントになりました。
麻に染めた水色のティマットと桃の花の色・菜の花の黄色・白い勿忘草の配色が新鮮です。
f0180433_17421679.jpg


もうひとつ、お玄関を入った正面の壁面にはシルクオーガンジーの黄色とブルーグリーンのグラデーションタペストリーを掛けて、明るくぬくぬくした春の日差しを感じていただけたらと。
こちらの写真では色が濁ってしまいましたが。
f0180433_17523685.jpg

Cafecocon Galleryページでカメラマンの竹内さんに撮影頂いた画像をぜひ、ご覧ください。

今は梅が七・八分咲きの頃です。
今年は青梅に梅を香りに行ってこようかと思っています。
[PR]
by cafecocon | 2009-02-21 18:13 | 季節のしつらえ

冬のしつらえ


昨年openした作家の器と布・贈り物のweb shop・CafecoconGalleryのページでは、
四季折々のしつらえを、Atelier Couleurの染め布×作家の器×お花屋さん Oak Leafのコラボレーションで提案しています。
人の手で作られたモノと自然から生まれたモノ。
人の手で染められた色彩と自然から生まれた色彩。
お互いに歩み寄って、一つの空間を作ります。
その空間は誰かに喜んでもらいたい、一緒に楽しみたいという願いが込められています。
自然はそんなこと思ってはいないのですけれど、人間はそういうことが必要です。
忙しさにかまけて・・・大変遅ればせながら、冬のしつらえができました。
f0180433_0242377.jpg

ラナケリアという名の初めて見る花は、以前自分が染めたシルクオーガンジーの色彩にそっくりで、親近感が湧いてしまいました。同じ感性なんですねぇ...なんて。
フラメンコという情熱的な名のパンジーに匂い水仙・ジョンキル。
赤い麻のテーブルセンターと紫色の鶴田安芸子さん作、ガラスの器との相乗効果で力強いエネルギーが伝わり、元気になります。体感温度も5度くらい上がりそうです。

f0180433_0355214.jpg

oak leafの柳澤さんの手が、一つの空間を作り上げてくれます。
f0180433_0385219.jpg

こちらはお玄関を入って正面の壁面で、訪れた方への歓迎の気持ちを込めてしつらえる空間です。

f0180433_0414129.jpg

八重咲きのアネモネ・モナーク、ビバーナムティヌス、そして勿忘草です。
勿忘草は小学生の頃、大好きだった花。
もちろん今でも大好きですが、久しぶりに再会したような懐かしい気持になりました。
ピーニャというパイナップルの繊維に染めた、花火のような梅柄のタペストリーをバックに。

寒い冬もあともう少しですね。
土の中では、春に向かってエネルギーを貯え、蠢いている時季です。
人間も同じような気がします。熊のように眠りたい。そしてもう少し貯えたい・・・春に向かって。
[PR]
by cafecocon | 2009-02-21 01:07 | 季節のしつらえ