ブログトップ

color's diary

cafecocon.exblog.jp

<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2009年は静かな赤の年?

今年も残すところあと2日となりました。
毎年言っていますが、1年、あっという間に過ぎ去ります。
だけども、随分と色々な事がありました。色々やりました。
滞ることなく流れていたな、そして微妙だけれど変化しているなと思うのです。
だとすると、あっと言う間に感じる1年間も、十分に何かができるたっぷりとした時間なのだと思ったりします。
沢山の素敵なご縁に活かされましたこと、みなさまのお陰と心から感謝いたします。
新しい年もどうぞよろしくお願いいたします。

f0180433_13373542.jpg


カメラが壊れてしまい、携帯で撮った写真・・・
南天のてりてりした赤がほのかに気分を高揚させます。

f0180433_13381886.jpg


ミニ鏡餅の後ろに立っているのは、ギャラリー旬のオーナーであり、アーティストでもある幸義明さんの展示会案内。生命力溢れる幸さんの作品からはいつも強い力をもらえる気がします。
2009年1月7日(水)~18日(日)まで、広尾 ギャラリー旬にて「字象字画」展を開催。

f0180433_13404764.jpg


15年前、幸さんの内装された独特な雰囲気のあるギャラリー旬に魅了され、ぜひここで展示会がしたいと営業に乗り込みました。
インドやタイ、アフリカの綿や麻に染めたこっくりとした赤の布を幸さんが目に留めてくださり、それからギャラリー旬ともう一つの山のギャラリー、Muuでお付き合いが始まりました。
私にとって、赤は始まりの色でした。

また、赤は血液の色。生命力溢れる色。情熱の色。お祝いの色・・・
赤い色を見たり、身につけたりすると元気が湧いてきたり、体温が上がったりします。
でも、自分に元気がない時は、重く感じたり、疲れたりもします。
色に押しつぶされてしましそうで、身につける気になれない時もあります。
赤にも茶色より、黄色より、紫よりと微妙に様々な赤がありますが、最近青味よりの爽やかな赤にひかれます。クリアな赤。
小物に赤を選ぶことが多くなりました。
「Rougir」~赤く染める~という真っ赤なタペストリーばかりの展示会をしたのも15年前。
やる気満々。あの頃の情熱とは今はちょっと違いますが、なんとなく、静かな情熱と言いますか?いや情熱という感じでもないな。
けれどもふつふつと、静かに何かが湧いてきている・・・
そんなことを感じる今日この頃です。
私は如実に使う色、作る色に、その時の精神状態が出てくるように思います。

2009年も輝く色彩を作っていきたいと思います。
どこかでまた、お目にかかれますことを楽しみにしています。
[PR]
by cafecocon | 2008-12-30 15:09 | 色彩

12月20日土曜日の染色教室


今日のアトリエクルール染色教室では地色を染めて蒸す、というしごきの作業を6人の生徒さんと行いました。
タペストリ、ランチョンマット、手ぬぐいなど、6人6様の布が染めあがりました。
その中からお一人、Parisの旅の思い出をタペストリにと筒、型、ローラーなどの道具を使って染め上げた力作をご紹介します。
Parisの街灯りとドラマティックな夕焼け空が表現されています。

f0180433_21265278.jpg


丸3年お教室に通っているOさんの作品です。
あちこち旅をされているOさんは、プラハ・ハワイ・中国などなど、様々な国の旅の思い出を布に染めています。来年はロシアシリーズを制作予定。
きっまた楽しい布ができることだろうと、私も楽しみです。

こちらは午後のクラスに見えた方の作業工程。

f0180433_21343958.jpg


型染めの2版目の作業で、染液を糯子と糠でできた糊に混ぜ込んだ色糊を、柿渋の型で置いたところです。
色糊の状態では暗い色に見えますが、これを蒸して水洗いするときれいな赤や紫、ベージュなどが出てきます。
バックになる地色は茶色味の黄色と赤の2色の予定だそうです。
会話が弾む食卓のタペストリになりそうですね。
エプロンやランチョンマットなどのキッチン周りのファブリックにしても楽しそうです。

その人らしい、オリジナリティ溢れるデザインと色彩感覚、毎回楽しませてもらっています。
[PR]
by cafecocon | 2008-12-20 21:53 | 染色教室

Petite Noel 展


アトリエクルール染色工房のお隣はビーズ作家のウタ・オーノさんのアトリエがあります。
昨年から、この2つのアトリエの合同展を12月の第1週目するのが恒例となりました。
クリスマスに向けて、1年間の小さな感謝の気持ちをこめて・・・「Petit Noel展」です。
今年は7日・8日の2日間です。
お客様をお迎えするために、昨日、いつもお世話になっている経堂のお花屋さん、Oak Leafさんでお花を選んできました。
まずは1階のギャラリーのお玄関の正面壁面にしつらえる花たち。
Oak Leafの柳澤さんに、黒い鉄の角ばった長いフラワーベースに入れたい・・・とお伝えすると、ふむふむ、こんな感じはいかがでしょう?佐藤さんらいいですよ!
とささっと、そして、「さばっとこのまま花瓶に入れたらいいですよ。」とアレンジしてくださいました。
さばっとそのまま入れてみました。
好みや状況をぱっと感じ取られる柳澤さん。アトリエの空間にみごとに素敵にはまりました。
f0180433_19354132.jpg

もうひとつは打ち合わせなどするテーブルの上に、こんな感じのシンプルアレンジメント。
f0180433_19481783.jpg

いつものことながら、名前を忘れてしまったのですが、とてもフレッシュうな香りのする枝です。

またまた名前が思い出せませんが、初めて見たとってもきれいな水色の花。
「乱暴者さんなので、ポインセチアの上の部分をぽきっと折ってしまって・・・この水色と合わせるとかわいいからどうぞ」と真っ赤なポインセチアのさきっちょくんをくださいました。
素敵な乱暴者さんです。
こちらはトイレの窓辺にしつらえました。
なんてかわいいのでしょうか。
赤と水色のコントラスト、たまりません。
f0180433_19534314.jpg


お花をしつらえるとなんとも気分がよくなります。
日々の生活にかかせない行為のひとつです。
今日も素敵なお花をありがとうございます。
[PR]
by cafecocon | 2008-12-05 20:01 | 展示会