ブログトップ

color's diary

cafecocon.exblog.jp

カテゴリ:色彩( 5 )

小さなブーケ


友人である松浦このみさんの朗読とピアノでつづるライブ、「風をあつめて」も今年で8回目。
毎年松浦さんの衣装を担当させていただいています。
昨日は50歳になって大人の魅力が益してきた松浦さんと25周年を迎えたピアニストの西村由紀江さんのライヴに行ってきました。
凛と美しい西村さんにぴったりの小さなブーケを経堂の花屋、Oak-Leafさんでアレンジメントしていただきました。
f0180433_20194630.jpg

真ん中にすっと立っているのはシルエットという名の薔薇。
爽やかな香り・・・
そして、アンダルシアという情熱的な名前の赤い薔薇。
宿木や青い実などをあしらって・・・素敵なブーケになりました。

松浦このみさんの音楽と語りのライブ、毎回毎回変化があって面白くなってきます。
次の公演は1月28日(土)の渋谷公園通りクラシックスで、世界的に活躍しておられる箏奏者、八木美知依さんとのジョイントライブ「雪女の夜」。
寒い冬・・・益々寒くなりそうな・・・ぜひ私も行きたいなと思います。
問い合わせ グスト・デ・ピーロ http://www.gusuto-de-piro.com
[PR]
by cafecocon | 2011-11-19 20:36 | 色彩

Atelier Couleurの仕事・2009年の色


Atelier Couleur 染色工房では、インテリアファブリックや室内装飾品としてのアートワーク、洋服や和装品など、衣食住に関わる、生活を彩る布のデザイン・制作をしています。
毎年、日本各地で催される展示会では、主にシルクを染めて、染絹の衣を発表しています。
20代から80代の方まで幅広い年齢層、親子3代で着て頂ける、シンプルでエイジレスな服を作っています。
染色家が作る服ですので、微妙な色彩と色数の豊富さが特徴のひとつです。
平安時代の貴族たちが好んだような、色重ね、色遊びを楽しんでいただけます。
シルクは美しく上品に発色してくれます。
日本で織られているシルクは原産は海外でも、発色がてらてらせず、ビビットな色もどこかしっとり落ち着きます。
日本人の女性の肌はきめ細かく、その日本で織られたシルクのなめらかな光沢感、素材感がとてもよく似合うと思います。
そして、お肌がより美しく見え、優雅な気持ちになっていただけるような、微妙な色彩の創作を大事にしています。
同じ調合の染料でも、布によって、また染色手法によって発色は全く変わってきます。
ですから用途に合わせて、長年の経験の中で培った、布とそれに染め付けるための手法を選びます。
光を感じるような美しい発色、風のように軽やかでぬくもりあるシルクという素材。
光と風の服~をテーマにしたAtelier Couleurのお洋服。今年の新色はこんな感じです。

f0180433_1216819.jpg

グレイッシュラベンダー・グリーニッシュブルー・フクリャピンク・ラナンキュラスレッド・レモンイエロー・・・

先日経堂のお花屋さん、oak-leafさんで出会った花たち。
色と形とその佇まいにぐっときて、これとこれとこれ...といただきました。
ぼさっと花瓶に活けてみたら、まるで今年自分が染めた色彩のようでした。
今自分が欲している色なんですね。

f0180433_12222826.jpg


その染めた布たちは、国内の腕の良い縫製職人さんたちの手によってカタチになっていきます。
染絹の衣展は5月1日~7日の恵比寿三越から始まります。
[PR]
by cafecocon | 2009-02-28 12:48 | 色彩

昨日の光


今日は曇り空ですが、昨日までは晴れ晴れとしたお天気の日が続いていました。
アトリエに射す南東の光がシルクオーガジーの間仕切りに透けて、とてもきれいでした。

f0180433_15145570.jpg
f0180433_15153710.jpg


黄色い光をたくさん浴びると幸せな気持ちになります。
時々意識して、眺めたり、思い浮かべて瞑想したりします。
しばらくやっていると顔がほころんできますよ。

アトリエ1階のギャラリーに年末に活けた蝋梅が咲き始めて、水仙の香りと共に春を感じられます。
涼しい場所であるということもありますが、もう3週間も経つのに・・・オークリーフさんのお花はいつも長持ちです。

f0180433_15225961.jpg


昨日アトリエ近くの庭に咲いている蝋梅を見つけたので、盗み撮りしました。

f0180433_15245338.jpg


寒い冬も、心を温かくしてくれるものは、そこらじゅうにたくさんありますね。
ありがとう。と思わずつぶやいてしまいます。
[PR]
by cafecocon | 2009-01-20 15:30 | 色彩

2009年は静かな赤の年?

今年も残すところあと2日となりました。
毎年言っていますが、1年、あっという間に過ぎ去ります。
だけども、随分と色々な事がありました。色々やりました。
滞ることなく流れていたな、そして微妙だけれど変化しているなと思うのです。
だとすると、あっと言う間に感じる1年間も、十分に何かができるたっぷりとした時間なのだと思ったりします。
沢山の素敵なご縁に活かされましたこと、みなさまのお陰と心から感謝いたします。
新しい年もどうぞよろしくお願いいたします。

f0180433_13373542.jpg


カメラが壊れてしまい、携帯で撮った写真・・・
南天のてりてりした赤がほのかに気分を高揚させます。

f0180433_13381886.jpg


ミニ鏡餅の後ろに立っているのは、ギャラリー旬のオーナーであり、アーティストでもある幸義明さんの展示会案内。生命力溢れる幸さんの作品からはいつも強い力をもらえる気がします。
2009年1月7日(水)~18日(日)まで、広尾 ギャラリー旬にて「字象字画」展を開催。

f0180433_13404764.jpg


15年前、幸さんの内装された独特な雰囲気のあるギャラリー旬に魅了され、ぜひここで展示会がしたいと営業に乗り込みました。
インドやタイ、アフリカの綿や麻に染めたこっくりとした赤の布を幸さんが目に留めてくださり、それからギャラリー旬ともう一つの山のギャラリー、Muuでお付き合いが始まりました。
私にとって、赤は始まりの色でした。

また、赤は血液の色。生命力溢れる色。情熱の色。お祝いの色・・・
赤い色を見たり、身につけたりすると元気が湧いてきたり、体温が上がったりします。
でも、自分に元気がない時は、重く感じたり、疲れたりもします。
色に押しつぶされてしましそうで、身につける気になれない時もあります。
赤にも茶色より、黄色より、紫よりと微妙に様々な赤がありますが、最近青味よりの爽やかな赤にひかれます。クリアな赤。
小物に赤を選ぶことが多くなりました。
「Rougir」~赤く染める~という真っ赤なタペストリーばかりの展示会をしたのも15年前。
やる気満々。あの頃の情熱とは今はちょっと違いますが、なんとなく、静かな情熱と言いますか?いや情熱という感じでもないな。
けれどもふつふつと、静かに何かが湧いてきている・・・
そんなことを感じる今日この頃です。
私は如実に使う色、作る色に、その時の精神状態が出てくるように思います。

2009年も輝く色彩を作っていきたいと思います。
どこかでまた、お目にかかれますことを楽しみにしています。
[PR]
by cafecocon | 2008-12-30 15:09 | 色彩

黄色


以前、千駄ヶ谷に住んでいた頃、まるで自分の庭のようにしょっちゅうお散歩をしていた新宿御苑に紅葉を見に行ってみました。
今日は12月下旬の気温とのことで、ぐっと寒くなりましたが、先週までは温かな冬。
例年よりもずっと紅葉は遅れているようです。
先週の土曜日は、ちょうど銀杏がきれいに黄金色に色づいていて、空に向かう葉も、大地に落ちて積る葉も一面に黄金色になっていました。

f0180433_23403328.jpg


写真を撮る人、落ち葉を拾う子供、ボーっと眺める人と色々です。

黄色は明るい光を感じる、ポジティブな色。その中にいると全てが大丈夫、うまくいくよという気持ちになってくるのは私だけでしょうか?
風水は詳しくありませんが、西に黄色のグッズを置くと、金運がupするとかも言いますね。

銀杏の黄金色光線にあたったら、なんだか黄色いものに惹かれる今日この頃。
昨日は、白銀台にある Texile House ・The Hermitageで、黄金色の素敵なハギレを見つけて、早速クッションに仕立てました。
他にもベージュや青系の布色々購入。冬バージョンの模様替えをすることに。
こちらのお店は私も大好きなTricia Guildの布を扱っている日本では稀少なお店です。
素敵な布にあふれていて、眼の色が変わってしましました。
f0180433_1844088.jpg


そして今日妹から届いた国産のレモンくんたちも、ぱちり。
見ているだけでもビタミンCが摂れそうですが、先日、オ-ストラリアでナチュロパスという自然療法の診療所を開業していた友人に、目覚めの1杯のお水にレモンをギュッと絞って飲むと、細胞がより活性化するよと聞いて、早速試しています。
本当に、細胞がぴちぴち音を立てながら目覚めて行くようです。
その友人は先月帰国し、日本で活動を開始しました。
ご興味のある方はぜひ、ナチュロパスの目にアクセスしてみてください。
f0180433_18443223.jpg


黄色いものって心も体もリフレッシュしてくれるような気がします。
[PR]
by cafecocon | 2008-11-28 00:27 | 色彩