ブログトップ

color's diary

cafecocon.exblog.jp

カテゴリ:リフレッシュタイム( 3 )

スローな休日


4月23日・24日は代々木公園前で、Earth Day Tokyo 2011が開催されました。
今年で11回目だそうですが、私は初めて行ってみました。
エコロジーな試みや研究をしている企業のPR活動。
ライブあり、トークショウやワークショップあり、スローフードのオーガニックカフェや衣・食・住に関するお店あり。
ものすごい賑わいでした。
ゴミを出来るだけ出さないために、カフェでごはんを食べたり飲んだりした時の食器はレンタルで、返却すると50円返ってくるという方式になっています。
食器を洗う場所も設置されていて、うまくシステムが定着しているようでした。
マイ箸、マイ皿を持参する人も多いようです。
f0180433_17504369.jpg

新緑の眩しい代々木公園には心地好い風が吹き、温かな陽が燦々と降り注いでいました。
大きなハナミズキの木の下でオーガニックビールを飲みながら友人とおしゃべりして、のんびり気持ちのよい休日を過ごしました。
[PR]
by cafecocon | 2011-04-25 18:33 | リフレッシュタイム

Golden Week


私は東京生まれの東京育ち。父親は江戸っ子。
ですが、10年前にリタイヤした父は5年前に千葉県の勝浦市に終の住処?(と本人はその時そう言いました)
を構え、妻一人、犬一匹と仲良く悠々自適な暮らしをしています。
勝浦は海の幸、山の幸がゆたかにあります。

このGWは姪っ子たちと一緒に「おじいちゃんの家」(姪っ子がそう言います)で過ごしました。
山里は一面、緑色。目に青葉です。
ちょうど藤の時季で山藤がとてもきれいでした。
そして、たけのこの季節。
大多喜・平沢は日本一を誇るたけのこのメッカです。
f0180433_11343733.jpg


勝浦は伊勢海老の収穫も日本一だそうです。(でもどうして伊勢海老というのでしょう?)
散歩の途中で仲良くなったという伊勢海老漁の漁師さんに会いに行きました。
この辺の漁師の重鎮である利丸さんはなんと80歳で現役。
今日もこれから伊勢海老の網を掛けに出港します。
f0180433_11433675.jpg

f0180433_11561822.jpg

f0180433_11455461.jpg

赤ナマコとサザエをたくさんくださいました。
ナマコはカットした後緑茶に1時間ほど漬けると柔らかくなるそうです。
サザエは炊き込みご飯にすると美味しいと教えてくださり、早速その日の晩ご飯はサザエご飯。
最高でした!

姪っ子は網を片手にヤドカリ獲りに夢中。
愛犬サンパは大好きな海に入ってご機嫌でした。
f0180433_1151289.jpg

f0180433_11521632.jpg


大人も子供も犬も喜ぶ自然の恵み。
リフレッシュ休暇でした。
[PR]
by cafecocon | 2010-05-06 12:02 | リフレッシュタイム

妻有トリエンナーレ


9月になりました。すっかり秋の気配を感じる今日この頃ですね。
今年は夏休みを満喫しました。
いつも毎月ある展示会の制作や準備に追われて、なかなかゆっくりお休みを取ることもできないでいましたが、今年は「できるだけいっぱい休もう。やることだけやったら後は休もう。明日できることは明日やろう。」をスローガンに?掲げてやっております。
今までは「今日できることは今日やる。」で、ハードワークをこなす、心身ともに頑強な自分に結構満足していたのですが、そんなことも10年続けると、(染色の道に入っては20年になります。)やはりすり減るところが出てきて、体も悲鳴を上げ始め、心にゆとりもできなくなってくるのですね。
バランスよくやっていたつもりでも・・・
感じることよりも、すぐに頭で考えるようにもなっていて、頭も体もカチカチになっていました。

創造力もしぼんでしまったかのように、なにも作りたくなくなってしまったりして、ちょっとまいりました。
かなりお気楽な人生のはずなのですが、そんな私でも、いっぱいいっぱいになって、芳しくなくなることがあるのですね。
それで、ちょっと緩めよう。昔のように(素に戻ろう)グウタラくんになろうと決めたのです。
今は複雑で面倒くさいことはしたくないと思っています。できるだけシンプルに、ありたい。
そして、今まで逆流にもめげずに必死で漕いでいた手漕ぎボートを捨てて、いかだに横たわって、川の流れに身を任せ~でいたい、とそんな心境なのです。

なんだかグウタラの言い訳のようになってしまいましたが、やっぱり忙しいと心を失うといいますか、時にはゆたゆたグウタラくんになって疲れをとることはとても大事なことだと改めて思うこの夏休みだったのです。
沢山遊んで、ゆっくりしました。

f0180433_12455514.jpg

この夏休み最後のイベントは新潟の妻有トリエンナーレ、大地の芸術祭でした。
3年に一度のこの芸術祭も今年で4回目を迎えるそうです。
今年2回目の3年ぶりの妻有でしたが、ワイルドな自然、どこまでも広がる田んぼと山里。変わらぬ日本の美しい原風景がそこにはありました。
f0180433_1239355.jpg

f0180433_12412218.jpg


そして、その自然の中で、また古民家や廃校になった学校などを展示会場にして、国内外のアーティストたちによるインスタレーション。素晴らしい場所とのコラボレーションは、とても開放的で伸び伸びしていて、見る側にもそれが伝わってきます。
300か所の設置ですので、とても2~3日では回りきれませんが、短い時間の中で詰め詰めで見て回っても、その道中と展示空間が素晴らしいので、疲れることなく、とてもリフレッシュしました。
地元の人たちも芸術祭に対してとてもコミットメントが高く、みなフレンドリーで活き活きとしています。
その触れ合いも楽しみのひとつです。
現代アートを楽しく体感できる素敵なイベントです。9月13日まで開催。
[PR]
by cafecocon | 2009-09-04 12:39 | リフレッシュタイム