ブログトップ

color's diary

cafecocon.exblog.jp

カテゴリ:四季の彩り( 16 )

秋の小諸の展示会・・・おまけのお楽しみ


小諸での「品と品展」に28日、参加作家が集まりました。
秋深まる小諸の景色と、秋の味覚、温泉もおまけで楽しんできました!
f0180433_1917911.jpg

f0180433_19172780.jpg
f0180433_19173860.jpg

小諸の秋の色。
f0180433_19204965.jpg

登山電車に乗って行く常盤荘の温泉。露天風呂からは色付いた山々が眺められます。
f0180433_19225924.jpg

きのこづくしの夕食。色々なキノコの炭焼きに天ぷら、お鍋、キノコご飯など秋の味覚を堪能。
f0180433_19251461.jpg

マンズワイン小諸ワイナリーではワイン祭りをやっていました。
展示会場をちょっとさぼってワインを飲みながらランチ。
300円でグラスを買って、2杯目からは50円で飲み放題。
f0180433_1929273.jpg

出店で食べ物も色々。ジンギスカンをナッパで捲き巻きして美味しい!ワインも進みます。
f0180433_1931025.jpg

鴨くんたちとも戯れたり・・・
仕事も忘れてリフレッシュ。
[PR]
by cafecocon | 2012-11-01 19:31 | 四季の彩り

今年の桜


鎌倉での個展も無事終了しました。
沢山の方々が遥々鎌倉までお運びくださり、新しい出逢いと再会に嬉しい10日間となりました。
ご来場ありがとうございました。
ギャラリーミンネさんの空間は明るく和やかな雰囲気で、気分もゆったり。楽しい展示会になりました。

今年の桜は約1週間遅れ、鎌倉は東京より更に遅れての開花でした。
展示会の初日は2分咲きくらい・・・終わりの週末にやっと6分咲きといった感じでした。
2週間の私が愛でた桜模様をお届けいたします。
f0180433_15125445.jpg

4月9日の鶴岡八幡宮前の段蔓の桜。
f0180433_1514597.jpg

搬出の片づけの後、恵比寿で毎年恒例の素敵な仲間たちとの桜の宴にしぶとく駆けつけて・・・
恵比寿神社裏の桜。
f0180433_15164283.jpg

こちらは4月2日の靖国神社での夜桜能での桜。まだこの頃は2分咲きでした。
f0180433_15184991.jpg

そして4月10日の野川のライトアップ夜桜。
こちらも毎年恒例の行事になりました。
昨年は震災で中止になりましたが、今年は決行してくださり、それはそれは幻想的で美しい桜のライトアップを堪能させていただきました。
f0180433_15204717.jpg
f0180433_15212783.jpg

f0180433_15221016.jpg

今年はこんなムービングライトアップで青や黄色の桜も。
2週間、しっかり桜、堪能しました。
桜を見るとテンションが上がっちゃうんですよね。
さぁ、今年もまた新しい春が始まりました。
皆様もどうぞ素敵な春をお迎えください。
[PR]
by cafecocon | 2012-04-14 15:28 | 四季の彩り

紫陽花とホタル


日曜日、紫陽花を見に千葉県の茂原にある服部農園あじさい屋敷に行ってきました。
昨年は満開の紫陽花を堪能しましたが、今年は少し早かったようです。
まだ4分咲きといった感じですが、様々な種類と色彩の紫陽花を堪能しました。
f0180433_23585288.jpg

f0180433_23591020.jpg
f0180433_23594386.jpg
f0180433_001080.jpg
f0180433_002415.jpg
f0180433_011827.jpg
f0180433_013286.jpg
f0180433_014258.jpg

満開を迎えるのは多分6月下旬から7月初旬。
それは見事です。
ちょうど今はホタルの時季でもあり、夜は千葉県いすみ市の夷隅川渓流のホタルを楽しみました。
今はちょうどゲンジボタルの求愛の時季。
パートナーを求めてゲンジボタルたちが一斉にホタルの光を灯します。
ぼわっと光がついたり消えたり、まるで星のごとく幻想的です・・・
それは天の川のように輝いていました。
私は地元の人に案内いただいて車で現地まで行きましたが、ちょっとわかりずらい場所。
外房線大原駅より最寄り駅まで秘密電車が運行しており(環境保護のためオープンにしていないらしいです。)駅から群生地まで送迎バスがあるそうです。(7時から9時まで)
ホタル観賞は6月10日から20日までのほんのわずかな期間だそうで、まさに今が旬です。
これはとてもロマンチックな、素敵な体験になることと思います。
そして、ホタルが生息できる美しい自然環境を守っていきたいものだと考えさせられたりします。
[PR]
by cafecocon | 2011-06-14 00:29 | 四季の彩り

5月の勝浦


Atelier CouleurCouleur Shop Coconは5月1~3日までお休みをいただいておりました。
今日4日からはShop・Atelierとも平常通り営業しています。
f0180433_14314123.jpg
f0180433_14315397.jpg
f0180433_1432785.jpg

お休みには勝浦にある父の家に遊びに行ってきました。
5月の勝浦は新緑が眩しく、山間に藤色、白色の藤の花が咲き乱れています。
目に青葉、目も心も洗われるようです。
食べ物の旬は、なんといってもタケノコとカツオ。
大多喜のタケノコ、勝浦のカツオは絶品です。
f0180433_14373395.jpg

カツオはたたきなどにはせずに生のまま、にんにくスライスと大葉や茗荷などの香味野菜としょうが醤油でいただきます。
みる貝もこの辺のモノです。
f0180433_14351997.jpg

のびる、こごみ、蕗、ウドなどの山菜も顔を揃えています。
f0180433_14404941.jpg
f0180433_14411637.jpg

おいしいウドサラダと小柱とタケノコのごはん。
f0180433_14574148.jpg
f0180433_14575521.jpg

父の特性手長エビのパエリアです。
父は料理人顔負けの料理の腕前を持っています。
私たち家族は父のお陰で「食いしん坊万歳!」になってしまいました。
そして、人にもてなすのが大好き。
美味しいもの、楽しいことを人と分かち合おう!という心を持っています。
だからか、美味しい食事とお酒、つまらないダジャレを求めて?しょっちゅう人が集まってきます。
2日目はお友達がおいし~いアワビやサザエ、タケノコ、お肉を持ってご来訪。
タケノコを皮付きのまま炭焼きして、七味マヨネーズでいただくのも美味しかったです。
古くからの知人、家族も集まってわいわい賑やかなバーべQ大会となりました。
よく食べ、飲みました!
[PR]
by cafecocon | 2011-05-04 15:11 | 四季の彩り

お花見


こんな時ですが、昨日、毎年恒例の千鳥が淵でのお花見をしました。
今年は千鳥が淵も靖国神社もライトアップ、茶店もなく静かではありましたが、満開の桜を愛出る人たちでにぎわっていました。
やっぱり桜は日本人にとって特別な花なんですよね。
色々あっても、こうして今年も変わらず咲いてくれた桜くん、ありがとう。
f0180433_16241937.jpg

f0180433_16244423.jpg

昨日はくもり空で強風でしたが、温かく、満開の桜という絶好の日和でした。
夕暮れ空も桜色に染まって・・・人々の顔もほころんでいました。
穴場的スポットにあるいつもの桜の木の下で、福島県産の日本酒を頂いて・・・
つまみは自家製味噌とホタルイカに真子。
格別の美味しさにちょっと飲み過ぎてしまいました。
今年も変わりなく、素敵な呑み友とよい時間を過ごせて、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
活力も湧いて、またがんばってやっていけそうです。
[PR]
by cafecocon | 2011-04-09 16:49 | 四季の彩り

黄色い花たち


昨日はまた冷たい雨と雪。
今日も8度とまた冬に戻りました。
ですが、今日から3月。春の気分で元気にいきたいですね。
経堂のお花屋さん、Oak-Leafで元気になる花を求めてきました。
f0180433_1734834.jpg

お店のエントランスに、昨年やってきたミモザの鉢植えは、葉っぱだけで、まだうんともすんとも言いません・・・
芽も出てきていないみたいです。
今年はお休みなのでしょうか?
それともカットの仕方が悪かったのかな・・・
ですので、やっぱり大好きなミモザを購入しました。
そして、ぐっときました、この深い黄色のラナンキュラス。
違う品種のラナンキュラスと合わせて、黄色づくしに。
元気になりますね~
f0180433_17391662.jpg

お雛様の横にはこんなブーケを。
まるでボンボリのよう。
黄色とピンク、ラベンダーのエネルギー、私にはこの時季の必須なのです。
[PR]
by cafecocon | 2011-03-01 17:52 | 四季の彩り

夙川の紅葉と京都の紅葉


西宮・苦楽園ギャラリーストラッセでの個展を終えて、東京に帰ってきました。
東京の友人たちが、西宮界隈のご友人に声を掛けてくださり、思いがけない来客があってとても嬉しかったです。
知らない街で知らない人と楽しくおしゃべりができるって、ハッピーですね。
素敵な一期一会をありがとうございます。

展示会中はさくら夙川という場所で生活をしておりました。
そこから、ギャラリーまでは夙川の畔を歩いて約20分。
毎朝、この道を散歩するのが楽しみのひとつです。
今年はちょうど紅葉の時期。夙川の畔は桜の木がいい感じに色づいていました。
f0180433_23205874.jpg

1週間の展示会を終えて、帰り路、京都の紅葉を見ようと降り立ちました。
日本の伝統色がそこにはありました。
f0180433_23252241.jpg

f0180433_2326487.jpg
f0180433_23263725.jpg
f0180433_23275147.jpg
f0180433_23283599.jpg

f0180433_2341449.jpg

f0180433_0242310.jpg

f0180433_23291743.jpg

嵐山の天竜寺、清水寺、高台寺としっかり観光スポットを回りました。
燃えるような紅葉と竹林のレイヤーがとても美しかったです。
そしてやっぱり人手もすごかった。
修学旅行の学生から海外旅行の外人、国籍様々な老若男女で賑わう京都でした。
[PR]
by cafecocon | 2010-11-20 23:37 | 四季の彩り

秋色紫陽花


昨日、また素敵な色彩に出会いました。
早くに教室が終わったので、大好きな経堂の花屋さん、Oak-leafさんにぷらぷら。
この花畑は何だと思いますか?
f0180433_23344071.jpg

1輪の秋色紫陽花なんです。
f0180433_23365615.jpg

写真では写しきれませんが、この微妙なグラデーションとひとつひとつの花の完璧な形。
妖精がいっぱいいるみたいです。
またまた感動してしまい、Oak-leafさんと大興奮で盛り上がってしまいました。
まるでモネの睡蓮の連作のように、1輪の中で光のグラデーションが織りなされているんです。


どうも私は秋色紫陽花に縁があるようです。
始めてOak-leafさんに訪れた時も・・・
秋色紫陽花に引き寄せられました。
道に迷ってきょろきょろ歩いていると、1軒の小さな花屋さんを見つけ、ふと店内に目をやるとそこに飛び込んできたのは、違う品種の秋色紫陽花。
始めてのそのなんともいえない色彩に心が躍り、凝視いたまま吸い込まれるようにお店に入って行ったのでした。
その時の様子を今でも鮮明に覚えていますよ。と柳澤さんがお話しくださり、またその時の感動が蘇ってきました。
有るんですよね。心を揺り動かす自分に縁の深い色と形が。

もうひとつ、瑞々しくフレッシュな色彩の鉄線(ゆきのしたという品種)と山木来を頂いてきました。
f0180433_2350313.jpg

f0180433_23505592.jpg

松野章弘さんの磁器の花瓶にしつらえて、清々しい初夏のしつらえになりました。
松野さんの花瓶とぴったり。
素敵なモノと出会えて、いい日でした。
[PR]
by cafecocon | 2010-06-14 00:01 | 四季の彩り

桜 さくら sakura


今年もやっぱり桜三昧。先週からお花見3連発です。
今年は寒い日が多かったので、桜も長く咲いていましたが、時間差で咲いていて、咲き乱れるといった感じがありませんでしたね。
昨日は今年で20回目という野川でのライティングの桜を見に行きました。
私たちは今年で4回目です。
もう、これを見ないと桜とお別れできなくなってしまいました。
野川の桜は多分、昨日が満開。
雨も上がり、温かな絶好のお花見日和となりました。
650mにも渡っての桜のライティング。何度見ても圧巻です。
照明会社のアークシステムさんが、自腹を切っての演出です。
不景気と騒がれていますが、今年も惜しむことなくやってくださり感謝です。
これだけの人を喜ばすことができるなんて、すごいですね。
f0180433_21193355.jpg

f0180433_21205316.jpg

f0180433_21211288.jpg

人は毎年増えているようです。
なかなか進めないのを覚悟でいかねばばなりません。
ですが、さすが、照明会社さん。
桜をより美しく見せるためのライティングは、本当に素晴らしいです。
桜も活き活きと喜んでいるように見えます。
毎年一日だけの貴重な日。一度は見られることをお勧めします。
[PR]
by cafecocon | 2010-04-07 21:32 | 四季の彩り

夜桜能


今年も桜の時季がやってきましたね。
昨晩は靖国神社の夜桜能に行ってきました。
日本最古の木造能楽堂で、八分咲きの桜の下、薪能を楽しんできました。
火入れから始まって、能と狂言を野外で鑑賞するのは初体験。
なんとも現像的で美しかったです。
最後の能はクライマックスの辺りから、お囃子の笛の盛り上がりとともに強風が吹き始め、桜吹雪の中、なんともドラマティックな自然の演出になりました。
幽玄の世界を表現しているミニマム芸能であるお能、なにか日本人の心に響くものがありますね。
ちょっと瞑想的な感覚になりました。
f0180433_23391029.jpg

それにしても靖国神社のお花見宴会場はすごいですね。
こちらも初見物したのですが、黒いスーツ姿の紳士・淑女が、ここそこに陣取りをして大層な盛り上がりでした。
これぞ日本の春。お花見。
でもやっぱり桜を見るとちょっと気持ちが狂うというか・・・そして、提灯と出店にはなにかやられますね。
友人と神門前で待ち合わせをしたのですが、少し早くに着いたので、一人でお好み焼きとビールを買って提灯の下のテーブルで楽しんでしまいました。
周りの人もうきうき気分で、「どうぞどうぞ」と席を譲ってくれたり、「では、お先に失礼」などとあいさつし合ったりと和気あいあいでした。
f0180433_2344175.jpg

f0180433_23445154.jpg

ああ、やっぱり日本人。
来週は千鳥が淵でお花見の宴です。
[PR]
by cafecocon | 2010-04-02 23:50 | 四季の彩り